スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                                               web拍手 by FC2

薔薇の名前、読了




※ ネタばれあります。未読の方はご注意ください




ウンベルト・エーコ著の 「薔薇の名前」、読了しました。
ん~、良かったです。
「とてつもなく、凄い本だな」というのが一番の感想です。
色々な意味で、凄い!
まず一つの凄いは、凄く難解だということ。
難しいです、ホント~に難しい。
物語は、イタリア中世のある修道院で一人の修道僧が亡くなったところから始まります。
で、それを皮切りに修道院の中で、次々と修道僧が殺されていく。
その連続殺人事件を、フランチェスコ会修道士のウィリアムとベネディクト会見習修道士のアドソが
解明していくわけなんですが・・・
この物語は、ウィリアムの弟子であったアドソが、まだ、見習修道士だった頃、体験したことを
後年、年老いて死期も近づいたアドソが回想して、後世の読者に伝えようと手記を残す
という形で、書き記していくという構成になってます。
ただ、一口にミステリー小説かというと、単なるミステリー小説ではない。
ジャンルで言ったら、歴史&宗教&哲学+ミステリー小説とかになるのかな???
殺人事件の謎解きと共に、話は進行していくんですが、その中に色んな要素が含まれてきます。
このミステリーの部分以外の話しが、恐ろしく難解でかなり読むのに苦労しました。
この物語は、最後にちゃんと連続殺人事件の犯人が判明し、一連の事件は一応は解決するのですが
なんとも、後味の悪い事件の終結なのです。
犯人は判明したけど、それで本当にこの事件の全てが解決したのか? という疑問が残ります。
ラストは、かなり重たいです。
事件の裏には、物凄く複雑ないくつもの問題が絡み合っていて、ひたすら重いラストだと感じました。
事件の真相にたどり着いた後にウィリアムが言った
「すべての犯罪に一人の犯人がいるものと思いこんで、わたしはここまで辿り着いたのだが
それぞれの犯罪には結局、別の犯人がいるか、誰もいないことを、発見したのだった」
という言葉が印象に残ってます。
本当に、一連の事件の犯人は「別の犯人がいるか、誰もいないのかもしれない」と思わせるようなラスト。
この物語の結末は、全人類に対する神からの警告なのかな、とも思えたりする・・・

とにかく、難解過ぎて半分くらいしか理解出来なかったけど、すごい小説でした。
「すごい小説」、語彙の少ないあたしには、それしか言葉が見つからない。

以前、高村薫の「太陽を曳く馬」のキリスト教版、と書いたけど
「薔薇の名前」を読了して、やっぱり似てるかな? と思った。
「太陽~」は日本で仏教、「薔薇~」は、イタリアでキリスト教、で、話も全然違うものなんですけど
小説全体に流れる空気感というか匂いが、なんとなく似てるかな、と思った。

「晴子情歌」、「新リア王」、「太陽を曳く馬」の3部作を完読された、高村ファンの皆さんだったら
「薔薇の名前」も完読できると思います。
高村小説が好きな方だったら「薔薇の名前」も楽しめるかも。
お薦めの一冊です。


515XTBC9ESL__SX327_BO1,204,203,200_ 6164BD8S7GL__SX328_BO1,204,203,200_



このアドソの手記は 『過ギニシ薔薇ハタダ名前ノミ、虚シキソノ名ガ今ニ残レリ』 という言葉で終結している。


スポンサーサイト
                                               web拍手 by FC2

戻ってくるのか?真選組(銀魂)



IMG_0125.jpg



銀魂・61巻、読みました。

「さらば真選組編」ってことで、これで一旦、真選組ともお別れの様です(涙)。
真選組目当てで『銀魂』読んでいたようなものなので、これからあたしはどうしたらよいのでしょうかっ!
真選組の居ない『銀魂』なんて~~~~!!
空知先生のおバカァァァァァァァァァァ!!!

でも、今後も『銀魂』読み続けるよ。
だって、続きが気になるし・・・

あっ、「真選組」って誤字じゃないですからね。
銀魂に出てくる「新選組」は「真選組」なんです。



さて、すっごく気になるものがあって、買おうかどうしようか迷ってたんですけど
この前、違う誰かに先に買われてしまいました(泣)。
ずっと前から目付けたヤツなんですけど、人に買われてしまうと「あ~~~~(涙)」って感じです。
こういうのって、じわじわダメージきますね。
「あ~~、やっぱ早く買っときゃ良かった~」って。
あたしだって、買いたい物ポンッと買えるようなセレブだったらとっとと買ってたのにさっ!
・・・・あ~あ・・・・・・・・・
じわじわ、きてます(涙)。


                                               web拍手 by FC2

銀魂


「銀魂」残りの45巻~60巻。
○マゾンで、最安値を見つけてはポチポチ買い集め、やっと60巻まで買い揃えました。

・・・「いい年して何やってんだ」とか思わないでくださいませ。
自分でも十分そう思って自覚しておりますから。

今、やっと56巻に突入したところです。
しかし、「銀魂」ってホント、小学生男子が好きそうなお下劣な内容が多くってさ。
最近、このブログにお下劣ネタ(犬の○んこネタとか、腐ったカレーネタとか)が増えたのは
絶対「銀魂」の影響であることは間違いない。
空知先生、どうしてくれるんですか!
あっそういえば、先週だったか先々週だったか、ジャンプ立ち読みした時
「空知先生、急病のため今週の銀魂はお休みします」とかって告知が載ってたけど
大丈夫なんでしょうか? 心配です。
早く元気になってくださいね。



DSC02747.jpg



高村薫の「空海」は、この「銀魂」が読み終わってから読もうと思ってます。
もう、本(漫画含む)を読むペースが遅くてスミマセンm(__)m。
あっちなみに、又吉の「火花」ももちろん、まだ読んでません。


・・・蛇足・・・
そういえば、高村薫先生のサイン入り「空海」本、さっそくネットオークションに出品されてましたね。
たぶん、出るだろうとは思っていましたけど転売目的でサイン会でサイン貰う人もいるんだろうな。
まぁ、サイン本をどうしようとその人の勝手だと思うんで何も言いませんけど。


                                               web拍手 by FC2

読んでます・・・

結局、買った・・・。

「銀魂」 1~44巻まで。
さすがに最新刊まで一気に買うのは恐ろしかったので、とりあえず・・・44冊。


DSC02592.jpg



もうこう暑いと全然外に出る気しないので、家で漫画読みふけろうと。
暑すぎるとあたしの場合、思考能力が落ちて小説とか読んでも全く頭に入ってこない。
だから、漫画・・・(説得力無ぇ)。
本当は、もっとアウトドアに夏を満喫したいんですけど、如何せん暑すぎる。
昔は夏って大好きな季節だったんだけどな~。
年々、夏が嫌いになっていきます。
それは、あたしが年を取ったせいではなく最近の夏は暑すぎるのだっ!!
だって、今度はエジプト(だったかな?)を熱波が襲ってバタバタ死者が出ているらしい。
ちょっと前はインドを熱波が襲って数千人規模の死者が出たってニュースを聞いたし。
地球規模で、気温上昇している。
やってらんねぇぜ、まったく。

ということで(どういうことですか?)、夏が来るたびに漫画本の山が増えていく我が家。
収納場所も無いのに、後先考えず買ってしまうのはこの暑さのせいよぅ。
読んだ後どうすんだよ、この本?

まぁ、いいや。
なんとかなるさ、人生。


DSC02597.jpg



・・・・・・・・・・・・・こうやって、人間って堕落していくのね。

あぁ、こんな罪作りな私をお許しください・・・・神様。


                                               web拍手 by FC2

四人組がいた。



DSC02218.jpg



ネタバレ有りますので、未読の方はご注意ください。




この前、暇つぶしに図書館に行ったら、たまたま、髙村薫の 『 四人組がいた。』
が有ったので、早速借りて読んでみました。
これ、『 オール讀物 』 で連載されていたヤツですね。
四人組、噂には聞いていたのですが、連載時は読む機会がなくスルーしてました(汗)。

この 『 四人組がいた。』 は、いちばん髙村薫らしくない小説・・・
と言ってもいいような印象を受けました。
髙村作品はたぶん全て読んでいると思うんだけど、その中でもいちばん髙村っぽくない感じ。
日本昔話チックというか、おとぎ話チックというか、コメディチックというか。
なんとも不思議な世界観をかもし出してます。
他の髙村作品とは違って、軽い感じでサクッと読めてしまうけど、しかし
唯一 「髙村っぽいなぁ」 と思ったのはコメディチックな作風の中にも
現代の日本社会を冷静かつ的確に風刺しているところかな?

これは現実世界の話なのか、夢の中の話なのか、読んでて常に?マークが頭の中に浮かんでたけど
結局、最後まで???でした(汗)。
だいたい、四人組の正体も何なのか解らないまま終わってしまった。
あの四人組は、本当に人間だったのかな?
それとも、四つ足?
それとも・・・・幽霊? 
もしかして、山に棲む妖精みたいなものだったりして・・・

なんだかとっても、不思議なお話でした。


あっそういえば、『 土の記 』 最近読んでない(大汗)。
あれ、読むのしんどいんだよな。
登場人物、ご高齢者ばっかだし。
そういえば 『 四人組がいた。』 も主人公達はご高齢者だった・・・
最近の髙村小説は、登場人物が高齢者ばっかのような気がするんですけど
気のせいでしょうか?
次回作は、もうちょっと(いや、かなり)若めでお願いしたいものです。

さぁ、次は万城目学の 『 鴨川ホルモー 』 読むぞー!
万城目ワールドも、好きなんだよね~。


                                               web拍手 by FC2

檀林皇后私譜

ちょっと前に読んだ本で、すごく面白かった本。

『 檀林皇后私譜 』 上・下巻


010_201503151340303b1.jpg


平安時代初期の嵯峨天皇の妻であり、後皇后となる橘 嘉智子の生涯を書いたお話なのですけど
もう、どろっどろの権力争いのお話でもあるんですよね。

当時の日本は天皇が絶対的な存在であり、また、王位継承されるのも現在のように
天皇と皇后の間の生まれた長男、と決められていたわけでは無いようで、そのうえに
天皇には妻は一人ではなく、いわゆる一夫多妻制であり、その子供達はみな次期天皇候補な訳で
その天皇の座をめぐって血で血を洗う、どろっどろの権力争いが繰り広げられるのです。

それは、未来の天皇本人よりもその側近達によって起こされるものであり、彼ら(天皇候補)は
ある意味、犠牲者なのかもしれません。
自分が従事している人間が天皇になれば、その側近たちは絶対的な権力を手に入れられるから。
自分が仕えている人間さえ利用して権力を手にしようとする人間が、ウジャウジャ居るのです(怖っ)。

そして、この物語の主人公である橘嘉智子も、全てのライバル達をありとあらゆる手段を使ってなぎ倒し
結果、皇后の座を手に入れるわけですが、それも結局は橘嘉智子を皇后の座につけて
それを利用して権力を手に入れようとする、藤原北家の陰謀だったりして。
で、この権力争いをしているのは、一部の力を持った貴族たちで一般庶民は蚊帳の外。
貴族は良い生活をし、庶民は今日食べる物にも困る貧しい生活。
「何だか、現在の北のあの御国に似ているなぁ。日本も昔は、あの北の御国のようだったんじゃん」
なんて思ったりして。

とにっかく、権力を握る為に兄弟姉妹同士で殺し合いも当たり前だし、邪魔な奴はどんな手を使ってでも抹殺する
という世界で、「人間ってここまで醜くなれるんだな」 となんか読んでて恐ろしくなってきました。
特に藤原北家の野心の凄さには驚いた。
「なんだよこいつ(藤原)、すげぇ、悪いやつ!超嫌なやつじゃ~んっっ!!」 とか
思って読んでたんですが、最後は野心も冷血さもここまで徹底していると逆にかっこ良くさえ思えてきたほど。
『るろうに剣心』 でいったら、志々雄みたいなかっこ良ささえ感じたりして。

でも 『 檀林皇后私譜 』 は、史実を基にしてはいますがフィクション小説であり、実際の藤原一族が
そんなに悪だったのかは?ですが。
でも、実際けっこうブラックっぽいけど・・・・・。
日本史は全然詳しくないので、その辺はよく分かりません(汗)。

で、そのドロッドロの権力争いもすごく読みごたえがあるのですが、それだけではないんです。
実はこの 『 檀林皇后私譜 』 には、橘逸勢と空海も出てくるんですね~。
橘嘉智子と橘逸勢は、いとこ同士で、橘嘉智子は小さい時に父を亡くし橘逸勢の家で育てられたんです。
橘嘉智子と橘逸勢は兄妹同然に育ったということが背景にあり、そして物語上、逸勢は嘉智子に
ずっと想いを寄せているというところが、あたし的にはすっごい萌えなんですよね~(結局、そこかいっ!)
最後は、敵同士みたいな関係になってしまうのですが・・・(涙)。
夢枕獏の 『 沙門空海唐の国にて鬼と宴す 』 を読んで、空海と橘逸勢のラブラブぶりに
すっかりハマってしまったあたしは、この話の展開に萌えまくりで・・・
この 『 檀林 ~ 』 では、空海はあんまり重要な役ではない感じなんですが・・(悲)。
逸勢が、めちゃキーマンになっているところがめちゃ萌えです(結局、そこっ!)。

この 『 檀林皇后私譜 』 は、フィクションも入ってますが史実を基に書かれている様なので
日本史の勉強にもなりますし、女子も大好きな(?)恋愛ストーリーもちょっと含まれているので
歴史小説と言っても読みづらくはなく、一気に読んでしまいました。
面白かったです。


                                               web拍手 by FC2

『 沙門空海唐の国にて鬼と宴す 』 マンガ本


先日頼んでおいた 『 沙門空海唐の国にて鬼と宴す 』 のマンガ本、手元に届きました~。
『 マンガ・照○ 』 の件もあったからあんまり期待してなかったんだけど
ストーリーも原作小説を上手くまとめてあるし、絵もなかなか繊細な感じでよろしい。


空海
『 沙門空海唐の国にて鬼と宴す 』 壱
中国・唐代、密教の真理を求め入唐した一人の若き留学僧・空海と
遣唐使として送られた儒学生・橘逸勢の二人。
遠い異国の地、唐での留学期間は、なんと20年。
基本、ふたりは20年間、日本に帰れません(涙)。


興味のある方は、ポチッとどうぞ。

続きを読む

                                               web拍手 by FC2

沙門空海唐の国にて鬼と宴す

前回の記事にも書きましたが今、夢枕獏の 『 沙門空海唐の国にて鬼と宴す 』 という小説を読んでます。
この小説に、空海と橘逸勢という人物が出てくるんですが、このふたりが、とっても仲良しなんです。
ちょっと尋常じゃないくらいいつも共に行動していて、住んでいるところも同じ屋根の下。
いや、寝室は別なんですけどね。
まぁ、言うなれば、同じ下宿所の別々の部屋、みたいな感じなのかな?
いえ、ふたりとも断じてホモという訳ではないんですけど。
でも、なんか程よいイチャイチャぐあいがなんか、萌え

逸勢が、ちょっとダメダメちゃんで、頼りがいのある空海にめっちゃ頼っちゃってるところが可愛い
たまに自然に手繋いじゃったりとか、逸勢が空海にすり寄って行ったりとか、空海の袖つかんじゃってたりとか。
それが、けっしてホモだからってわけではなく、話の流れで自然にやってるところが、なんか萌え

夢枕獏の小説って、けっこうこういうの多いような気がする。
『 陰陽師 』 に出てくる、阿部晴明と源博雅も、こんな感じだったし。
程よくイチャイチャしてる。
でも、けっして 『 沙門空海唐の国にて鬼と宴す 』 も 『 陰陽師 』 も、BL小説ではありません。
BLじゃないんだけど、なんとなくそれを匂わせるような、こちらの想像をかきたてられるような・・・・
そんなところが、髙村小説に似ていて、ちょっとハマるかも。

ところで、橘逸勢って架空の人物かと思ってたんですけど、実在する人物なんですね。
いや、正確には実在した人物。
空海は有名なのであたしも知っていたんですが、橘逸勢は知らなかった。
史実上、橘逸勢は平安時代に空海と共に唐(中国)に、遣唐使として渡ってます。
『 沙門空海唐の国にて鬼と宴す 』 は、半分くらいは史実に基づいて書かれていて、半分はフィクション。
歴史小説&オカルト&ほんのりBL?って感じ。
なかなか、面白いっす。


                                               web拍手 by FC2

夢枕獏

夢枕獏の 『 沙門空海唐の国にて鬼と宴す 』 を読んでます。
これ、図書館の除籍図書の無償配布で貰ってきた本なんですが面白い。
貰った時点では、あまり期待していなかったんですが思いのほか面白くて、ラッキーって思ってます。
夢枕獏の本は、全部読んだわけではないですが、当たりはずれが無く皆、面白い様に思う。
この人の書く小説すごく好きです。

この 『 沙門空海唐の国にて鬼と宴す 』 は、同著の 『 陰陽師 』 とかなり被ってる気がする。
主役の陰陽師の安倍晴明が、僧の空海に変わった感じ。
で、親友の源博雅が、橘逸勢。
この空海と橘逸勢が、いっつもふたりで行動をともにしていて大変仲良し。
ホント、常に行動を共にしている。
男同士なのに・・・・・う~ん、ちょっと萌えだわ

DSC01731.jpg


で、最近見つけたお気に入り。

DSC01739.jpg DSC01742.jpg

マグネット ブックマーク。

DSC01736.jpg DSC01737.jpg

マグネットタイプのブックマークで挟んで使うんですけど、すごく便利で使いやすい。
マグネットでページを挟むからしっかり固定されるし、上から飛び出る部分が無いから
邪魔にならないし、本を持ち運ぶにも良い。
可愛いデザインのいっぱいあるし。
値段も手ごろ。
こんな便利なものあるの今まで知らなかった~。
マグネットブックマークって、けっこうメジャーなのかしら?

これ、良いっす!


P.S。。。。 拍手ありがとうございますm(__)m


                                               web拍手 by FC2

リヴィエラを撃て (下)


※ ネタバレ有りますので、ご注意ください


《 リヴィエラを撃て・下巻にて新たに加わった登場人物 》 ( リヴィエラを撃て・文庫本/下巻より )

ロナルド・ハンフリー ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ロンドンの米国大使館参事官

ボビー・アレン ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ CIA 職員

《 エルキン 》 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ MI 6 職員。 《 ギリアム 》 の部下

サー・アーノルド・バーキン ・・・・・・・・・・・・・・・ キム・バーキンの父。 英国議会の重鎮

田中壮一郎 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 元外務省職員。 大学教授

*     *     *

『 リヴィエラを撃て 』 下巻、読み終わりました~。

そうそう、思い出した!
こんなラストだった。
めっちゃ、良かった。 でも、面白かった、という言葉は当てはまらないな。
なんというか・・・・・う~ん、深い深~いストーリーでした。
そして、ずっしりと重い。
かなり話が複雑に入り組んでいるし、私たち一般市民とは全く別世界の話なので100%理解出来たかと言われたら
理解出来た とは言えませんが胸にずしりとくるものは感じた。
『 リヴィエラ 』 を読み終えて思ったのは、「 何が本当の正義で何が本当の悪なのか? 」 ってこと。
( これは、『 マークスの山 』 読み終えた後も同じこと思ったな )。
政府もテロリストも結局やってることは変わらないんじゃないかと・・・・。
テロリストも酷いけど、国益という魔物を守るために各国政府がやっていることは、これは人間として許されるのかと。
「 何が正義で何が悪なのか 」 というのは永久に答えが出ないことなのかもしれない。
正義や悪なんてものは、その時代時代で変わるし、国によっても変わるだろうし、個人の立場によっても変わりそうだし。
コインに裏表があるように、正義がひっくり返ったら悪になって、悪がひっくり返ったら正義になる。
絶対的な正義と悪なんて無いのかも。
結局、神のみぞ知る ってことなのかな?
改めて、そんなことを考えさせられました。

しかし、話のラストの方で、アーノルド・バーキンが出てきたけど、アーノルド・バーキンの存在を全く覚えていなかった
あたしっていったい何なんでしょう!!!・・・・・・・・・・・・・

【 ネタバレの為、隠してあります。ご覧になりたい方はマウスをドラックして下さい 】
                       ↓
アーノルド・バーキンは、キム・バーキンの父親で 『 リヴィエラ 』 のストーリーのカギとなる重要人物のひとりなのにっ!
昔、読んでたはずなのに、まったく全然覚えてませんでした。
この人が登場した時、「 エーッ! なにこの展開っ!! 」 ってひとりで叫んでしまいそうになった程の衝撃でした。
・・・つうか、すっげぇ話の核心の部分をすっぽり忘れてるんですけど、あたし・・・(汗)。
きっと、十数年前のあたしは、話が難しすぎて 『 リヴィエラ~ 』 のストーリーを十分理解出来なかったんだろうな~。

あっ、あと 《 謎の男・リヴィエラ 》 の正体は判明しました・・・・が、何故、あたしの中で 《 リヴィエラ 》 の記憶が曖昧だったかはラストまで読んで、なんとなく納得しました。
リヴィエラは・・・・・・・あぁ、そういうことだったのか的な。

しかし、なんといっても 「 リヴィエラ~ 」 の魅力は出てくる男たちが最高にカッコ良いってとこかな。
言うなれば、勝ち目のない巨大な闇の魔物に立ち向かっていって儚く散っていく男たちのストーリーなのかな・・・と。
とにかく、『 リヴィエラを撃て 』 素晴らしい小説です!
特にラストは鳥肌モノの素晴らしさで感動の嵐でした。!!
まだ読んだことの無い方は、お勧めです。
ぜひ、読んでみて下さい。


DSC01709.jpg


最後に、こんなにすごい小説を書ける髙村薫は、やっぱりあたしの中では、No.1の作家です。


                                               web拍手 by FC2
プロフィール

YUKI

Author:YUKI
高村薫小説、大好き!!
『晴子情歌』で挫折し、暫く高村小説からは遠ざかっていましたが、最近やっと『太陽を曳く馬』『冷血』『晴子情歌』『新リア王』(読了順)を読了。
これでたぶん、単行本化された髙村小説すべて制覇したと思います。
合田シリーズに登場する過去の人、
森くんをこよなく愛す、おバカです。

2012.5.4 ブログ開設
2013.1.1 ウェブサイト開設

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
お知らせ
カテゴリの『読書感想記』『プチ地取り』はウェブサイトからも観れます。 リンクの【DAYDREAM/yuki・ウェブサイト】から、どうぞ。  ※なお、内容はブログにアップされているモノと同一ですのでご了承ください。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

めーる(お気軽にどうぞ)
ご意見、苦情、なんでも受けたまわります。でも、あんまり凹むのはヤメテネ。

名前:
メール:
件名:
本文:

へーちょー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。