スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                                               web拍手 by FC2

近況報告


こんにちは。

あたしの愛機である、蘭丸(嘘)が、修理に出たまま戻らないので
ここ最近は、ネットから離れた生活を送っております。

ネットをやらないおかげで空いた時間は、本を読んだり、ちょこっと勉強したり。
たまには、こういう生活も良いかな、と思ったりもして。

ちょうど、ここ最近、色々と思うところあって、ちょっとネットから離れた生活を送ろうかな
と考えていたところだったので、ここでパソコンが故障したのも、良い機会だったかなと思ってます。


と言うことで、暫く更新途絶えるかも知れませんが、ご心配なく m(__)m


あっ、それから、あたしのガラケーからだと各サイト様のコメント欄に書き込み出来ないみたいです (T-T)

つまらんわ~ ( ┰_┰)


スポンサーサイト
                                               web拍手 by FC2

拍手コメント、お返事


『 石狩挽歌 』 の記事に拍手コメント頂き、ありがとうございます m(__)m
お返事、畳んでます。


*   *   *   *   *   *   *   *

こんばんは。
今回は携帯から記事を書いてます。

と言うのも、パソコンがぶっ壊れまして修理に出すことになりました・・・(涙)。

ちゃんと直るかしら?
修理代金、いくらくらい掛かるのかしら?
買い替えなんてことになったら・・・・・。
年末で色々出費がかさむ時に・・・
痛いわ~ (ToT)

今回、パソコンが故障して、改めて取扱説明書をちゃんと読んだら、注意事項に
「本機に強い衝撃を与えない」 と書いてありました Σ(゜д゜;)

・・・わたくし、パソコンが固まったりした時、パソコンをバシバシ叩いてました(汗)。
きっと、故障の原因はそれです(T_T)

皆さん、パソコンはくれぐれも叩いてはイケマセン。
壊れます(T-T)

続きを読む

                                               web拍手 by FC2

石狩挽歌


鰊漁と云ふのはほんたうに聞きしに勝る壮大なものでした! 海が盛り上がつて押し寄せる鰊の大群も
人びとの漁撈の凄まじさも、鰊場を覆ふ熱気も喧騒も忙しさも、過ぎてみれば夢かと思ふほどです

【 『晴子情歌』単行本 P174 より 】


どうも、こんばんは~!
『 晴子情歌 』 を読んで、すっかりニシン漁にハマってしまっている、あやしい奴です。

で、鰊と言ったら、この曲っ!
『 石狩挽歌 』。
しぶいッす。 かっこいいッす~~~!!! 

動画、みつけたんで是非!!!
( 途中、変な字幕が出ますが気にしないで下さい・・・






『 晴子情歌 』 を読んだ皆さんっ! 
これぞ、『 晴子情歌 』 に出てくる鰊漁の世界だと思いませんか!?

そういえば、ニシン御殿って、母に聞いたことあります。
昔は、ニシンで家が建ったんだとか。

しかし、この 『 石狩挽歌 』、ジャンルは演歌なんだろうけど、なんかロックしてるわ~。
是非、あたしのカラオケの十八番にしたい曲です。


追伸

刑事もときめくけど、最近、漁師にもときめいてしまう、あたしです。
あほ・・・・・・(汗)。


                                               web拍手 by FC2

『 晴子情歌 』 上巻・読了


ネタバレ有ります。未読の方はご注意ください。

*   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *

『 晴子情歌 』 上巻
   第一章 筒木坂
   第二章 土場


『 晴子情歌 』上巻、読み終えました。
良かった~

晴子が少女の頃( 昭和10年前後 )の鰊漁の様子が圧倒的な筆力で描かれていて
読んでいて、本当にその光景が目の前に浮かんできました。
そして、当時の北国の人達の懸命に生きる姿に感動した。
晴子の父、康夫の生き方もかっこいい。

心の琴線に触れる場面はたくさんあったんですけど、特に心に残っている場面は

父、康夫との死別。
晴子の弟と妹の死。

そして、晴子達がお墓参りをしているときに、20間ほど離れた石段の下に
オーバーコートを着た長身の男性が立っていて晴子たちに会釈をし、晴子達が会釈を返すと
その男性が雪道を野の方へ立ち去っていった場面。
村の人でもなく、よその集落の人でもなく、その男性の正体が分ったとき・・・・・(涙)。

この3つの場面は、とても切なくって読んでいて涙が止まりませんでした。
きっと、読み進めていくうちに 『 晴子情歌 』 の世界に惹き込まれて
晴子の家族が他人とは思えなくなって、知らぬ間に感情移入していたんだろうなぁ。
特に、オーバーコートを着た男性が現れた場面は、本当に切なかった(涙)。
もうここで、あまりにも切なすぎて悲しくて本を閉じてしまった(涙・涙・涙)。

上巻を読み終えて、お父さんやお母さん、そして、おじいちゃん、おばあちゃん、そのまたおじいちゃん、おばあちゃん
さかのぼって、たくさんのご先祖様達に、すごく感謝の気持ちが湧きました。
たくさんのご先祖様が、懸命に生きてくれたからこそ今の自分があるのだと強く思いました。

これから下巻を読むのが、楽しみ。

ちなみに、晴子が生まれたのが、大正九年。
『 晴子情歌 』上巻で、 晴子が手紙に書き綴っているのは、大正~昭和初期にかけてのことが中心だと思われる。
          
(たぶん・・・違ってたらごめんなさい)。


DSC01254.jpg


                                               web拍手 by FC2

拍手コメント、お返事


『 拍手コメント、お返事 & 晴子情歌 』 の記事に拍手コメント頂きありがとうございます m(__)m
お返事、畳んでます。

*   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *

TOKYO MX で、『 ふしぎなメルモ 』 やってた。
懐かしい~。 メルモちゃん、好きだったなぁ。

やっぱり、手塚治虫って良いよな~。

ブラックジャックも、子供の頃好きだった。
(あっ!そういえば、MXでブラックジャックもやってたな~。これもすごく良い話だった。泣けた

手塚治虫の漫画って、大人になって見返してみると、子供の頃は気が付かなかった
深~~~いメッセージが込められてるのに気付く。
改めて、「 手塚治虫って天才だな 」、と思う。

なんか、未来を予言していたような・・・・・
手塚治虫って未来が見えていたのかな? とか思っちゃうのは、あたしだけ?


DSC01227.jpg DSC01232.jpg

            DSC01247.jpg

続きを読む

                                               web拍手 by FC2

拍手コメント、お返事


『 そうして知った痛みが未だに僕を支えている 』 の記事に拍手コメント頂き、ありがとうございます
お返事、畳んでます。

*   *   *   *   *

秋田にいる親戚からリンゴが送られてきた

ダンボール箱でドーンッと。



実はこの下に、もう一段入ってる。

家は秋田に3世帯親せきが住んでいて、この時期、下手すると1世帯1箱として
リンゴが全部でダンボール箱で3箱送られてくることになる。

その年によって、リンゴじゃ無かったりもするんだけど・・・・
今年は3家族ともリンゴである確率が高い。

リンゴはとっても嬉しいんだけど、ダンボール箱3箱分のリンゴをどうやって食べきればいいのか~!!
とっても無理・・・・・
毎年、友達にあげたり、知り合いに配ったり、腐ってしまう前になんとかするのに一苦労っす

でも、秋田のおじさん、おばさん! いつも、ありがとう!!

続きを読む

                                               web拍手 by FC2

そうして知った痛みが未だに僕を支えている

冬の空は星がとても綺麗に観えますね。
星空と言ったら、あたしはこの曲。

BUMP OF CHICKEN の 『 天体観測 』
この曲、大好きです。




*   *   *   *   *   *   *   *   *   *

午前二時 フミキリに 望遠鏡を担いでった
ベルトに結んだラジオ 雨は降らないらしい

二分後に君が来た 大袈裟な荷物しょって来た
始めようか 天体観測 ほうき星を探して

深い闇に飲まれないように 精一杯だった
君の震える手を 握ろうとした あの日は

見えないモノを見ようとして 望遠鏡を覗き込んだ
静寂を切り裂いて いくつも声が生まれたよ
明日が僕らを呼んだって 返事もろくにしなかった
「イマ」という ほうき星 君と二人追いかけていた

気が付けばいつだって ひたすら何か探している
幸せの定義とか 哀しみの置き場とか

生まれたら死ぬまで ずっと探している
さぁ 始めようか 天体観測 ほうき星を探して

今まで見つけたモノは 全部覚えている
君の震える手を 握れなかった痛みも

知らないモノを知ろうとして 望遠鏡を覗き込んだ
暗闇を照らす様な 微かな光 探したよ
そうして知った痛みを 未だに僕は覚えている
「イマ」という ほうき星 今も一人追いかけている

背が伸びるにつれて 伝えたい事も増えていった
宛名の無い手紙も 崩れる程 重なった

僕は元気でいるよ 心配事も少ないよ
ただひとつ 今も思い出すよ

予報外れの雨に打たれて 泣き出しそうな
君の震える手を 握れなかった あの日を

見えているモノを 見落として 望遠鏡をまた担いで
静寂と暗闇の帰り道を 駆け抜けた
そうして知った痛みが 未だに僕を支えている
「イマ」という ほうき星 今も一人追いかけている

もう一度君に会おうとして 望遠鏡をまた担いで
前と同じ 午前二時 フミキリまで駆けてくよ
始めようか 天体観測 二分後に君が来なくても
「イマ」という ほうき星 君と二人追いかけている

*   *   *   *   *   *   *   *   *   *


お蘭ちゃんも 『 警視庁の歌 』 なんかじゃなく、この曲、歌ってほしいわ。

ちなみにあたしの携帯の着信、コレです。


                                               web拍手 by FC2

拍手コメント、お返事 & 晴子情歌


『 われーらよんまーんの歌 』 の記事に拍手コメント頂き、ありがとうございます m(__)m
お返事、畳んでます (#^.^#)


ところで、わたし、最近 『 晴子情歌 』 を読み始めました。
『 晴子情歌 』 は、数年前に1度読んで途中で挫折した経験があるので、今回は再挑戦です。
今、第一章を読み終えて第二章に入ったところです。
結論から先に言うと、コレ面白い。
すごく面白いです。
面白いっていう表現は適切ではないかもしれないですけど、前回なんで挫折したんだろう?
と不思議なぐらい 『 晴子情歌 』 の世界にぐいぐい惹き付けられています。
本文中に出てくる一つ一つの言葉が、凄く胸に響いてきます。

前回読んで挫折したのは、かなり前だったし、まだ若かったせいかな?
あたしも歳を重ねて、大人(おばさん(T_T))になって、『 晴子情歌 』 の良さが分かる様になったのかも。

今まで拒絶反応起して読まなかったのが、もったいなかったなぁ。
と思いつつ、只今 『 晴子情歌 』 の世界にどっぷり浸かってます。

続きを読む

                                               web拍手 by FC2

われーらよんまーんの歌


~ 『 照柿 』 単行本 P492 より ~
吾妻哲郎は立ち去った。入れ代わりに開けっ放しの窓から、ふいに調子っ外れの遠い唄声が夜風に乗って入ってくる。
なんと、森義孝の声だ。われーらよんまーん、そーのなこそ、お、おーおおー、けいーしちょーう!



この、われーらよんまーん、そーのなこそ ~ って歌、実在するんですね。
皆さん、知ってましたか!!

これが、伝説のあの 『 警視庁の歌 』 だ!!





*   *   *   *   *   *   *   *   

( ※警視庁の歌の歌詞は、こんなん )

鳴り渡る 自由の鐘に
盛り上がる 平和の力
明るくも 正しく 強く
挙(こぞ)り立つ 我ら四万
その名こそ おお おおお 警視庁

炎熱の 巷の中や
星凍る 冬の夜空に
民の幸 都の秩序
守り行く 光りの我ら
その名こそ おお おおお 警視庁

花と咲く 文化の都
築き行く 聖なる努め
希望満つ その晨(あした)こそ
旭日は さんと輝く
その名こそ おお おおお 警視庁

*   *   *   *   *   *   *   *


昔見た、どこかの高村サイトさん(だったかな?)が、この 『 警視庁の歌 』 をUPしていたのを思い出し
まねして、動画UPしてみました。

しかし、酔っぱらってこの歌を熱唱するか? 普通??
選曲が凄すぎる・・・・・・
お蘭ちゃん・・・(汗)。

そういえば森くんは、合田さんに立川駅で三行半を下された後、八王子の喫茶店で、かき氷3皿注文して
ひとりで(赤、白、黄色と)並べて食べてるところを肥後のおっさんに発見されてましたね。
お蘭ちゃんって、けっこう天然ちゃんなのかしらん・・・・


・・・・でも、この動画UPして大丈夫だよね?
なんか、法に触れてないよね?
逮捕されたりしないよね?
心配・・・・・・(ビクビク・・・)。


                                               web拍手 by FC2

拍手コメント、お返事


『 お菓子の家 』 の記事に拍手コメント頂き、ありがとうございます m(__)m
お返事、畳んでます。


早いもので、もう12月ですね。
あたしは、師走に入って忙しい毎日を送ってます。
やらなきゃいけない事、やりたい事がたくさんあり過ぎて困る。
優先順位をつけながら、やるべき事、やりたい事をこなしていっているといった感じで、日々を過ごしています。

何かと忙しい師走。
皆さまも、ご自愛くださいませ。


続きを読む

                                               web拍手 by FC2

お菓子の家

お菓子の家作りに、チャレンジ!!

DSC01185.jpg


お馴染みのこのお菓子達で、上の写真の 『 お菓子の家 』 が、出来るらしい。
本当に出来るのかしら?



DSC01186.jpg  DSC01188.jpg
           説明書通りに、お菓子をカット。(雑・・・・・)。



DSC01191.jpg
残りの板チョコは湯せんで溶かして、組み立てる時の接着剤代わりに使う。



DSC01194.jpg
各パーツを組み立てると、こんな感じ。コレはまだ、完成途中で屋根無しバージョン。



DSC01209.jpg
で、最後に板チョコの屋根を取り付けて、完成~!!  (パッケージの写真とは、微妙に?かなり?、違う・・・汗)



DSC01214.jpg
斜め後ろから。煙突はトッポ。 (き、きたねぇ。雑すぎる



DSC01217.jpg
真横から。煙突無し側です。 トッポの壁~。



DSC01219.jpg
斜め前から。 (テーブルの上、片付けてから写真撮れよ)。



DSC01215.jpg
真後ろは、こんな感じ。(すっげぇ、雑! 性格出てる


*   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *


ヘンゼルとグレーテルみたいでしょ?

しっかし、出来上がった作品観るとあまりの雑さにビックリ!
接着剤代わりのチョコも、ガーッて塗ってはみ出ても気にしない、あたし。
こういうのって性格出ますよね~。

所要時間は約2時間ってとこかな?
途中、湯せんしたチョコでくっつける度に冷蔵庫で冷やして固める、ってゆう作業を2~3回やったので
けっこう面倒くさかった。

しかし、いい歳こいて休日に、こんなことやって半日潰してるあたしって、どうなんでしょう・・・・トホホ


                                               web拍手 by FC2
プロフィール

YUKI

Author:YUKI
高村薫小説、大好き!!
『晴子情歌』で挫折し、暫く高村小説からは遠ざかっていましたが、最近やっと『太陽を曳く馬』『冷血』『晴子情歌』『新リア王』(読了順)を読了。
これでたぶん、単行本化された髙村小説すべて制覇したと思います。
合田シリーズに登場する過去の人、
森くんをこよなく愛す、おバカです。

2012.5.4 ブログ開設
2013.1.1 ウェブサイト開設

カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
お知らせ
カテゴリの『読書感想記』『プチ地取り』はウェブサイトからも観れます。 リンクの【DAYDREAM/yuki・ウェブサイト】から、どうぞ。  ※なお、内容はブログにアップされているモノと同一ですのでご了承ください。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

めーる(お気軽にどうぞ)
ご意見、苦情、なんでも受けたまわります。でも、あんまり凹むのはヤメテネ。

名前:
メール:
件名:
本文:

へーちょー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。