ひとりごと


昨日の地震、ビックリしましたねぇ。
あたしの住んでいる東京は、かなり揺れました。
東日本大震災を思い出したわ。
最近は、火山の噴火や地震が日本各地で相次いでいるので怖いです。
「皆さんも、十分気を付けて下さいネ」と言いたいところですが、こればかりは気を付けようにも
どう気を付ければ良いのか分からないですよねぇ(汗)。
相手は自然ですから、抵抗のしようがないような気もするんですが・・・・。

最近は、地球規模の異常気象とか、相次ぐ地震や噴火等の暗いニュースばかりで不安な時代になったなぁ
と、ちょっと暗い気分になりがちですが、まぁ、まだ見ぬ未来をマイナスに考えてもしょうがないので
あまり深く考えず、今を楽しく生きようと思う今日この頃です。


さて、室内用に新しく観葉植物を買いました。


DSC02520.jpg


フィカス(ゴムの木)です。
幸福の木が枯れちゃったので部屋の中が味気なかったんですが、やっぱり、部屋の中に緑があるのは良いですね~。
癒される。


あと、サボテンの花がまた咲きました。

DSC02513.jpg




さてさて、わたくし風邪を引いたのか、ここ数週間、咳が止まらず胃が痛くてトホホな感じです。
おまけに、パソコンがまじで限界のようで全然まともに動いてくれません。
なので、パソコンも電源切りっぱなしでした。
今日は久しぶりにパソコンを立ち上げましたが今も、だましだまし使ってます(涙)。
近いうちに新しいパソコンを買いに行こうと思ってます。


                                               web拍手 by FC2

ケバブ~


ランチにケバブを食べました。


DSC02501.jpg


チキンとビーフのミックスに辛くないソースをトッピング。
美味かった。
今度は辛いソースバージョンにしよう。
ただ、辛いソースはどのくらいのランクの辛さなのか分からないがちょっと怖い。
激辛だったら嫌だな(汗)。
経営者が外国の方だから、日本の基準の辛さをはるかに上回っていたら・・・・。
でも、やっぱり次は辛いソースに挑戦してみよう。


*     *     *     *     *


さて、先日行った『烏森神社ぷち地取り』 のこぼれ話です。
新橋までは地下鉄で行ったのですが、その新橋駅の地下構内でこんなものを発見しました。


DSC02467.jpg


地下にも住所があるんですね。
しかし、住居も何もないのに・・・ここ、ただの地下通路だったと思うんですけど。
これって何か意味あんのか?
なんの為にこんな所に表示してあんだろう?って、ちょっと不思議に思った。


あと、新橋日比谷口の前にあるSL広場で古本まつりやってました。
さすがにこれ見てる時間は無かったので素通りしましたが、時間が有ったら見たかったなぁ。
なんか、お宝もの発掘出来そうな雰囲気だったのになぁ。
でも、客層はほんっとスーツ姿のオッチャンばっかだった。
さすが、新橋。


古本まつり




ところで、今使っているパソコンがもう全く言うことを聞きません(涙)。
「グーで殴ったろか」レベルの使えなさ加減です。
まじ、イラつく。
もう、いい加減限界なのでそろそろ買い替えないとダメかなぁ(溜息)。


                                               web拍手 by FC2

ぷち地どり ~マークスの山/烏森神社編~


注) 写真は全て「マークスの山」の時代のものではなく、地取りを行った2015年5月現在のモノです。



【マークスの山/単行本 P209】
一方的に電話を切って、別の電話番号のボタンを押しながら、合田は一瞬迷った。
だが、結局全部の数字を押し、森のポケットベルを鳴らした。
五分で森は内線にかけてきた。公衆電話で、高架下の電車の音が響いていた。
《新橋です。第一京浜のそば》
「三十分後に日比谷口で」 
《了解》



新橋を通る第一京浜。
DSC02477.jpg

DSC02481.jpg
お蘭はこの辺りの公衆電話から合田さんの内線に電話したのだろう。





【マークスの山/単行本 P212】
今年の秋は雨続きだ。日比谷口で会った森も、濡れそぼって白い息を吐いていた。


【マークスの山/文庫本 上 P366】
「だったら、八時の会議は欠席します。明日以降のことは、随時連絡下さい」
「なるべく早く現場に戻れるよう、上を説得する。約束する」と合田は言った。「それから今夜九時半に新橋辺りでちょっと会おう」
「慰安会なら遠慮します」
「俺もそれほどヒマやないぞ。話したいこともあるし、相談したいこともある」
「私もあります。十時に日比谷口にいます」
「了解。じゃあ日比谷口で」



新橋駅日比谷口。
日比谷口
ここで、合田さんと森くんは待ち合わせ。



DSC02484.jpg
余談ですが、新橋駅日比谷口の目の前は、あの有名な(?)SL広場。



古本まつり
ちなみに地取りをしたこの日、SL広場では古本まつりをやっていました。
普段は、写真にあるようなテントは無く、こんなにゴチャゴチャして無くてもっと広々としてるはず。
もしかしたら、合田さんと森くんは、このSL広場のどこかで落ち合ったのかも。





【マークスの山/単行本 P212】
「寒いな。どっかへ入ろう」
「人のいるところで話は出来ません。そこの烏森神社へ行きましょう」



烏森神社、入口。
DSC02492.jpg
烏森神社は、ごちゃごちゃと乱立している建物と建物の隙間にありました。
気を付けて見ていないと見落としてしまいそうな程、細~い隙間の奥にある感じ。
この参道をずっとまっすぐ行った正面奥に拝殿と本殿があります。




上写真の参道を直進すると突当りはこんな感じ。
DSC02494.jpg
この鳥居(?)をくぐり石段を上がると拝殿・本殿があります。
神社には、あたしの他にも参拝している人がいて、中にはスーツ姿のサラリーマン風の人も。
さすが、サラリーマンの街、新橋って感じでした。
(ちなみにあたしは、お賽銭10円で3つも願い事をした(汗))。





DSC02489.jpg
実は烏森神社は、もうひとつ入口があって横っちょからも入れるようになっている。
合田さんたちは、もしかしたらこっちから入ったかもね。





【マークスの山/単行本 P213】
寒風を避けて、暗い境内の石段に腰を下ろした。
夜陰に紛れて人の目がなくなると、森は「失礼」と呟いて、腹や首筋をそっと掻き始めた。



烏森神社の石段
DSC02499.jpg
きゃ~! 合田さんと森くんは、この石段に座って密談したのねーっ。
人気のない夜の暗い境内の石段で、ふたりきり・・・・・(ヨダレ)。

この烏森神社は、24時間いつでもお参り出来るそうなので、夜暗くなると外灯がつくんだと思う。
だから、合田さん達が行った時も境内は案外明るかったのかもしれない。
20数年前だから当事は、どんなだったか分からないけど。
この烏森神社も、お蘭たちの頃とは随分変わっちゃっているのかなぁ(悲)。


ちなみに、この烏森神社は単行本にしか出てきません。
単行本では、合田さんと森くんは烏森神社の後、新橋の飲み屋へ。
文庫本では、日比谷口待ち合わせ後、烏森神社へは寄らずに新橋の空いたバーへ入ってます。




 ~ おまけ ~

DSC02509.jpg


烏森神社で、御朱印と御守を頂いてまいりました~。
御朱印は、カラフルでなんか可愛いでしょ。
しおりタイプの御守は、御朱印をしてもらったら付いてきました。

烏森神社は、前からずっと行ってみたいと思っていたのですがやっと実現した。
烏森神社と言ったらお蘭ファンにとっては聖地ですから(違?)


今回は、仕事でたまたま新橋に行く用事があったのでついでにぷち地取りしてきました。
(ちゃんと昼休憩の時間を削ってやったので、仕事はサボってませんぜっっ!)

余談
烏森神社は、すんなり行けたのですが第一京浜がどこにあるのか分からなくて地元の人に聞きつつ
やっと辿り着いた感じ。
第一京浜を求めて新橋の街を無駄に歩き回るハメになってしかも、この日は蒸し暑くてちょっくらバテました。
あと、サンダルで行ったので足がイテーのなんのって(泣)。

ということで以上、ぷち地取り ~烏森神社編~ でした。


                                               web拍手 by FC2

最近のお気に入り


最近のあたしのお気に入りの場所。
天気の良い休日なんかにはちょこちょこ癒されに行ってます。



DSC_0045.jpg



今の時期は新緑が気持ちいいですよね~。
外の空気が心地良い。
これから、夏本番になると外は灼熱地獄になってしまうし冬は寒いから、ココは春とか秋とかの
気候が良い時期限定かな。

実はココ、スカイツリーが隅田川を挟んで真ん前に見える超絶景ポイントです。
(写真には写ってないけど・・・)。
浅草の隅田公園内にあるカフェなんですけど、スカイツリーを見るには結構穴場。
浅草に遊びに来られた際、お茶をするんだったらココがお勧め!
あっ、ちなみに店内でもちゃんと飲み食い出来るので暑かったり寒かったり雨の日なんかでも大丈夫っす。



あと、最近のあたしのもう一つのお気に入りがコレ
         
DSC02466.jpg


タンドリーチキンが大好きなんですけど、これ良いです。
鶏肉をフライパンで焼いて、鶏肉に火が通ったらこのタレを絡めながら焼くだけという。
とっても簡単なんですけど、めっちゃ美味しいタンドリーチキンが出来ちゃいます。
あたしは、手羽中でやったけど手羽先でやっても美味しいかも。
まぁ、鶏肉だったらどこの部位使っても良いとは思いますけど。


あっそれから、以前にあげた『お花見 in 千鳥ヶ淵 & プチ地取り』の記事(写真)に
ちょっと手を加えて悪戯してみました。

それと、いつも拍手くださっている皆さま、(読んでくださっている皆さまも)
ありがとうございます m(__)m
髙村関連は森くん中心の記事なのにねぇ・・・なんか、すみません(汗)。


                                               web拍手 by FC2

ぷち地どり ~マークスの山・新宿西口編~


注)写真は「マークスの山」の時代のものではなく、地取りを行った2015年5月現在のモノです。



『マークスの山』 にて、連続殺人犯容疑の水沢を追って甲府に行くために
合田さんと森くんがまず向かったのは、新宿駅西口。

ということで、行ってきました。
新宿駅西口。


*     *     *     *     *     *

【マークスの山/単行本 P428】
薄汚れた自分の足元の廊下を見ないようにして、合田は大部屋へ走った。
誰を連れていくかちょっと考え、結局千住署へ電話をかけて森を呼び出した。
「午後六時に新宿駅西口の交番前へ来い。甲府で泊りになるから、そのつもりで」




新宿駅西口交番
合田さんと森くんが待ち合わせをした(単行本限定)、新宿駅西口交番。
この新宿駅西口交番はその名の通り、新宿駅西口構内にあります。
ここで二人は落ち合ったのねぇ。
しっかし、刑事が交番前で待ち合わせってどうなんでしょ?
(合田さんって良いセンスしてるわ)。
それにしても、駅構内に交番があるとは・・・さすが新宿。

待ち合わせ




【マークスの山/単行本 P428】
午後六時に、待合人でごった返した西口に現れた森は、発疹だらけの無残な顔をしていた。



DSC02419.jpg
新宿駅西口。
合田さんと森くんが待ち合わせをした(単行本限定ね)、西口交番はこっからすぐの所にありやす。


*    *    *    *    *    *    *    *

【マークスの山/単行本 P428~429】
森は、汽車の中で腹ごしらえするための折箱二つを、小田急デパートの地下で買ってきていた。
まだ熱いウナギの匂いがした。


【マークスの山/文庫本 下 P375】 
新宿駅で、森は晩飯を買ってくると言って十分ほど姿を消し、小田急デパートの袋からぷんぷん鰻の蒲焼の匂いをさせて駆け戻ってきた。
合田自身はもう忘れていたが、事件の始まったころ、合田の勘が当たったら鰻を奢ると森は約束したのだそうだ。




DSC02438.jpg
小田急デパートの地下への入口はいくつか有ったのですが、新宿西口交番から一番最短距離にあったのはこの入口。
西口交番から歩いて1分とかからない場所にあります。
なので、お蘭はたぶんここから小田急デパ地下に行ったと予想。
ちなみに、小田急デパートは新宿駅から外に出ることなく構内から直結で行けます。



DSC02435.jpg
そしてお蘭は、ここを通って鰻を買いに行ったに違いない。
ちなみに、写真を撮りながら地下に降りて行ったあたしは、この写真に写っている店員さんに
ちょっと不審そうな目で見られた・・(汗)。



そして、デパ地下を彷徨うこと十数秒。
あった~!ウナギ!!
しか~し、小田急デパ地下には鰻屋が2店舗ある(汗)。
お蘭は、どっちの店でウナギを買ったんだ!?
DSC02436.jpg
まず1店舗目。とりあえず、写真を撮る。
しかしここでも、鰻屋の店員さんにおもっいきり不審な目で見られました(泣)。



DSC02437.jpg
不審な目で見られまくった為、2店舗目は写真を撮るのを怯むが、柱の陰に隠れてコッソリ撮った。
(・・・いや、そっちの方がもっと怪しいから)。

お蘭がどっちのお店で買ったのか分からないので、けっきょく、2つのお店で1個づつ折箱の鰻重を買うことにしました。


*     *     *     *     *     *

【マークスの山/単行本 P429】
午後六時半、L特急は新宿駅を出た。森は一心に山梨県警から送られてきた岩田幸平の捜査書類や、浅野剛の遺書に目を通し、合田はほかの考え事をしながら、どちらも黙々と特上のウナ重を食った。


【マークスの山/文庫本 下 P376】
午後六時半、新宿駅を出たL特急の自由席の座席で、合田たちはまず温かい特上の鰻重を食った。




DSC02432.jpg
甲府行きの特急に乗るには、まずこの改札を抜ける(んだと思う)。



DSC02446_20150513154702010.jpg
甲府方面への特急電車は9 ・10番線ホームです。



DSC02444.jpg
そして、このエレベーターを昇ると甲府方面に行く電車のホーム(たぶん)。
合田さんと森くんも、ここを利用したんだわ、きっと。きゃっ
(だと思うとか、たぶんとか・・・すげぇ、テキトーですいません)。
・・・でも、『マークスの山』って20年以上前の話だから、このエレベーターも当時とはずいぶん違っているかも。



以上、そんなこんなで甲府に行くまでの新宿駅での合田さんと森くんの足跡を辿ってみました。

しかし、エレベーターの所でも述べましたが『マークスの山』は20年以上前の小説です。
なので、新宿駅も合田さんや森くんが歩いた20年前とはだいぶ違っていると思います。
しかしながら、なんとなく当時の空気みたいなものは感じられるんじゃないかなぁ。
(と無理やりこじつけてみる

ということで、マークスの山 ~新宿駅編・ぷち地どり~ でした。




 ~ おまけ ~


今回のぷち地どりで、実際自分も合田さんたちと同じものを食べてみたいと思い、小田急デパ地下で買ってきました鰻重。
甲府に向かう特急の中で合田さんと森くんが食ったのは、こんな感じの鰻重だったと思われます。
(なんせ、20年以上も前だから定かではありませんが・・)

DSC02451.jpg
折箱の大きさが違うのは一方のお金をケチったから(汗)。



DSC02460.jpg DSC02459.jpg

お財布と相談した結果、一方は1ランク下げて購入してしまったのですが(涙)
たぶん、合田さんたちが食べた鰻重は、原作中に特上とあるから上右の写真のランクの鰻と思われ・・・
ちなみに、値段が3段階くらいあったんですけど違いは鰻の大きさだそうで。

ウナギ、美味かったっす。


                                               web拍手 by FC2

幸せのハートの葉っぱ


みなさん、ハート型のオリーブの木の葉っぱを見つけると幸せになれるって話、知ってますか?
四つ葉のクローバーならぬ、ハート型のオリーブの葉。

で、家のオリーブの木にハート型の葉っぱを、めちゃめちゃ発見しちゃったんですけど~
パッと見ただけで3つも発見しちゃいました!



DSC02402.jpg

DSC02406.jpg

DSC02408.jpg



ぜ~んぶ、最近生えてきたばかりの新葉だよ~。
えっ、あたし超幸せになれちゃうじゃんっ!!
初めは「何この葉っぱ!?奇形じゃね?ちょっと嫌だな~」とかって思ってたんですけど
縁起の良い葉っぱだって聞いてから、もう超うきうき

なかなか見つけるの難しいって聞いたけど、本当かな?
家のオリーブの木、めっちゃあるんだけど。
結構、普通にあるモノだったりして(汗)。

それはともかく
ワ~イ! あたしのこの先の人生、バラ色だわ~~~



・・・・・単純過ぎてゴメンナサイ m(__)m


                                               web拍手 by FC2
プロフィール

YUKI

Author:YUKI
高村薫小説、大好き!!
『晴子情歌』で挫折し、暫く高村小説からは遠ざかっていましたが、最近やっと『太陽を曳く馬』『冷血』『晴子情歌』『新リア王』(読了順)を読了。
これでたぶん、単行本化された髙村小説すべて制覇したと思います。
合田シリーズに登場する過去の人、
森くんをこよなく愛す、おバカです。

2012.5.4 ブログ開設
2013.1.1 ウェブサイト開設

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
お知らせ
カテゴリの『読書感想記』『プチ地取り』はウェブサイトからも観れます。 リンクの【DAYDREAM/yuki・ウェブサイト】から、どうぞ。  ※なお、内容はブログにアップされているモノと同一ですのでご了承ください。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

めーる(お気軽にどうぞ)
ご意見、苦情、なんでも受けたまわります。でも、あんまり凹むのはヤメテネ。

名前:
メール:
件名:
本文:

へーちょー