マークスの山(単行本版)読書感想記・4

『聖黒』に浮気しつつ、『聖黒』~『マークス』間を、フラフラしながら
『マークスの山・読書感想記・4』書きました。
練ちゃんとお蘭ちゃんの間を行ったり来たり、彷徨ったわ。

『マークスの山』長編過ぎて、だんだん感想記書くのも煮詰まってきたというか、飽きてきたというか・・・
だもんで、枯れてくると練ちゃんに逢いに行って萌え貰って、また『マークス』に戻って来るという。
書いてる本人がこんなくらいだから、読んで下さっている皆さん(居るのか?)は、もっと飽きているかもなぁ。

でも、需要がなくても書き続けるわっ。
だって、自分が満足すればいいんだものっ。
お蘭ちゃんへの愛を語りたいだけなんだものーー。
ごめんなさい m(__)m


ネタバレ有ります。
ご注意ください。





マークスの山 読書感想記 その4

~10月10日土曜日~
「洩れていたの、二名だけです」「一晩でやったんか」「今朝の会議に間に合えば、一日稼げるでしょうが。家に帰ってもすることないですから」 森の陰気な目を見ると、ときどき横っ面を張り飛ばしたくなる。昨夜は、合田は用事があって先に帰っただけだが、森は余分の仕事を押しつけられたと誤解したに違いなかった。この男のことだから、ひとりで歯ぎしりでもしたのだろう。
確かに、かわいくない部下だよな。捻くれまくってるよコイツ。だけどそれにしても、散々な言われようだな、お蘭(涙)。顔見ただけで横っ面を張り飛ばしたくなる、だなんて。合田さん、森くんはそこまで嫌な奴じゃないと思うけど・・・。ひとりで歯ぎしりなんて、そんな陰気くさい事するような肝っ玉の小さい男じゃないもんっ。合田さんの為に一生懸命、徹夜したのかもしれないのに(ぐすっ)

「また痒いんか」「放っといて下さい」 何やら腹にためている森も、それを横目で睨んでいる自分もどちらも醜悪だと思いながら、合田は森の背を見送った。片や、年がら年中、自分自身を含めた世界のすべてが気に入らないような面をし、片や何一つ気にならないとうそぶいて憚らない面をしている。それでもやっていける自分たちの社会は、外から見ればさぞかし異様なものだろう。 
年がら年中、自分自身を含めた世界のすべてが気に入らないような面をしている森くんも、何一つ気にならないとうそぶいて憚らない面をしている合田さんも、どっちも魅力的だわ~ ふたりのこの微妙な感じ。萌え~だわぁ

とはいえ、結局俺は森が好きなのかなと合田は一瞬考えた。ろくでもないことを考えたおかげで、尿意を催してきた。
きゃ~! やっぱり合田さん、森くんの事好きだったのね。愛していたのねっーーー ろくでもないこと~云々言っちゃってるけど、照れ隠しでしょー? 素直におなんなさい、雄一郎(うふっ)

適当に答えながら、合田はそのときふと、滅多に考えないことを考えていた。目の前の秀才の警視。森と同い年だ。もう一、二年すれば本庁の第一強行犯捜査班へ戻って調査担当管理官か副参事か、地方本部の副本部長か。さらに数年すれば確実に地方本部長の椅子が約束されているこの男と、自分たちノン・キャリアの違いはテコでも動かない現実だった。そんなことは百も承知だが、徹夜明けの森の青白い顔を見たあとでは、この落差がなぜかあらためて非現実的に思えたのだった。
警察という組織は、なかなか複雑な構造で出来ているんだなぁ。キャリアとノンキャリアの違いかぁ。まぁ、警察だけじゃなく世の中全てそういう仕組みで出来てるよね。だけど、徹夜明けの森くんの青白い顔って萌えだわ~ 実は、この森くんの青白い顔萌えだけの為にココを抜粋。すんません。

合田は二十九で警部補になった。同期の大卒組の中では早い方だった。所轄署五年、本庁六年の勤務歴の中で、めったに出会うものではない凶悪事件に三度巡り合い、特別功労賞三回と競争率百倍の昇任試験で這い上がってきた。 (~途中略~) 定年まで二十七年、昇進には上限があるし、あと一つか二つ昇れば終わりだが、父のような男が何万人もいるのが警察の本体であるとすれば、自分はその本体の頂点に近いところにいるのだった。そこへは、森も数年のうちに加わってくる。
ノンキャリアで29で警部補になっちゃうって、かなり凄い事なんじゃないの?合田さん優秀なんだ~(感心)。だって、森くん(当時)30歳で巡査部長だよ。森くんよりも全然優秀なんだなぁ。競争率百倍の昇任試験にパスって! 凄すぎるっ!! 合田さん、確かにかなり頂点に近いところにいるよねぇ。森くんもあと数年でそこに加わってくるって言ってるけど、この時点では確かにそうだったかもしれないけど・・・しかし結局は、出世競争から外れて離島に行っちゃうんだよね(涙)。まぁこうなったら、合田さんには森くんの分まで頑張って昇進してほしい。

その夜の捜査会議では、またまた森が主役になった。相変わらず、聞き込みの単調な報告が続いていたときだった。 (~途中略~) 「弁護士林原雄三に面接したところ・・・・・」と肥後が述べ始めたとたん、森がまたひょいと口を出した。 「面接は事務所ですか、自宅ですか」「渋谷の事務所だ」「今日は祝日ですが」
お蘭ちゃん、また会議で突っ込んでます。この後も、肥後が報告した林原の証言についても『間違っている』と、噛みつきます。同僚の肥後にさえも容赦なし。警察という組織ってただでさえ潰し合いや足の引っ張り合いがありそうなのに、こんな事ばかりやってたら誰かの恨み買って本当に潰されちゃうぞう。お母さん、心配。(結局、島行っちゃったけど・・・・・

~10月12日月曜日~
又三郎がトイレに立った間に、合田は森の袖をつついた。「吉富組と親しいような弁護士だから、口のきき方に気をつけろ」 未練がましいと自認しながら、合田は念を押した。相手は弁護士という職業柄、法曹界はもちろん、どういう人脈があるか分からない。ヘタをすれば、森の将来に響く事態になりかねないというのは、本心から出た危惧だった。
んん~、やっぱり合田さん、なんだかんだいってもお蘭ちゃんが心配なのねん。きっと、かあいくてしょうがないのねん

森は、余計なお世話だという顔で首を少し縦に動かした。合田は構わず、急いで続けた。「又三郎も要点は押さえているはずだが、あいつはずっこけることもあるから、君が手綱を締めてろよ。さあ、要点を言ってみろ」
コラッ!お蘭っっ!!なんだその態度はっ。 せっかく合田さんが心配してくれているというのに。こんなんだから合田さんに『ときどき横っ面を張り飛ばしたくなる』とか、言われてしまうのよ。確かにこういう態度されると横っ面を張り飛ばしたくもなるよねぇ。こんなかわいくない部下、なんなら一発ぐらいお見舞いしてやってもかまわなくてよ、合田さん。

「分かってます」森は暗い光をたたえた目を光らせて、抑揚のない声で答えた。「又三郎とは揉めるな」合田は最後にそう言った。森はそれには応えず、「今晩、ウナギ食いましょう」と言って出て行った。
暗い光をたたえた目を光らせて抑揚のない声で答える、森。かっこええ(涎)。又三郎とは揉める気漫々か?

林は神経質な眉根に皺を寄せて合田の顔を見つめ、「温情など無用だぞ。分かってるな?」と念を押した。「分かってます」「それから、この写真に顔を撮られた捜査員は、すぐに本部から外せということだ」「それは出来ません。これ以上人は減らせません」「代わりは補充する」「現場を見てない者は役に立ちません。これだけは譲れません」「俺を困らせる気か・・・・・」「ホシが挙がらなかったらもっと困ります。森の働きは係長がご存知でしょうが」
「森を捜査から外せ」という上からの命令を何とか覆そうと、モヤシに掛け合う合田さん。森くん本人の前では冷たい態度を取る合田さんだけど、なんやかんや言っても思いやってあげてるんだなぁ(うるうる)。森くんはそれに気付いているのか?気付いてないなら早く気付けよっ!そいで、そんな合田さんに対して、もっと感謝の気持ちを素直に表せっ。・・・そうそう、そういえば合田さんも、この頃は加納さんの気持ちに全然気付いてないんだった。ホントふたりともこういう事には鈍感なんだから・・・。

それはそうと・・・・森の顔に間違いないか。合田はエレベーターの隅でそっと雑誌を開き、写真を確認した。森の顔が奇妙に滲んでぼやけて見えた。いつものことだが、いかにも《痒い》という顔だった。森を捜査から外さなければならない。
お蘭ちゃんの載ったこの週刊誌、ほ、欲しい。

なんとトンマは雪之丞か。《いいか、主任。あいつも真っ青な顔して、ともかく八雲に飛んでいったんだから、ほかの奴には言うな。とくにお蘭にはな》
上記は捜査でヘマをやった雪之丞を気遣う又三郎の言葉ですが。森くんだって、そこまで嫌な奴じゃないと思うんですけど・・・。雪之丞に対してそんな陰気なイジワルしないよぅ。ちょっと偏屈なだけだよぅ(涙)。それにしても、やっぱりお蘭は七係のお荷物扱いなのね。

さすがに又三郎と森の切れ者同士、手ぶらでは戻ってこなかった。土産は、事務所の受付から黙ってもらってきたチラシが一枚。 (~途中略~) 合田と吾妻はチラシを奪い合って写真に見入り、唸ってしまった。「多分、主任たちが持っている写真とはだいぶん顔が違うと思うぜ」と又三郎は得意げに言った。「なに、事務所でふいとチラシを見て、こっちも《あれ》と思ったんだ。弁護士名鑑の写真は、お見合い用の修正写真じゃねえか、あれ」「チラシの日付から見て、このチラシの顔の方が現在の本人により近いと思います」と森も言った。 吾妻と二人、「脱帽」と頭を下げた。
ここ、『マークスの山 単行本・60版』からの抜粋なんですけど、あたしの手元にあるもう一冊の23版の方では、こうなってます。 《「お蘭には負けたぜ」と又三郎は珍しい文句を吐いた。「こいつの手さばき、見せたかったな。受付の目を盗んで、あっという間に一枚ポケットに入れやがった。ほら・・・・・この男、子供を抱いているこいつが林原」「事務所で聞いたのか」「そんなバカなまねするか」「受付の奥に額入りの林原の写真がかかっていたので、顔が分かりました」と森。》  又三郎と森くんの台詞がかなり変わってます。同じ単行本でも改稿されてるんですね。何で改稿したのかなぁ、別に変える必要ないと思うんだけど。23版の方が、森くんの優秀さが強調されている様で、お蘭ファンとしては改稿してほしくなかった様な・・・・

「いえ。もう一つ、言いました」と森。「あの山の・・・・」「あ、そうか。受付の壁に、山の写真が飾ってあったんで、『きれいですなあ』と言ってやった。お蘭、ほかにあったか」「いえ。それだけです」「山というのは、どこの山だ?」と合田は尋ねた。「どこの・・・・?」又三郎は一瞬きょとんとし、「山は山だ」と応えた。その傍らで森がぽつりと呟いた。「《北鎌尾根一九七〇年撮影》。写真の下の札にそう書いてありました」「北鎌尾根・・・・か」
以上は林原の事務所から戻ってきた、又三郎、森、そして合田さんの会話。この山の写真が今後の事件の捜査に深くかかわってくるのですが・・・。しかしお蘭ちゃん、やっぱり仕事は出来るのね。一見事件とは何の関係も無さそうな、タダの山の写真も全て記憶してるってトコがすげぇ。惚れるわ。そして、林原が個人口座のスーパーMMCとやらを解約したという情報を摑んだのも、お蘭。やっぱ優秀(きゃーー!!

「林原の後始末が先だぞ」と吾妻が目をむいた。「ここまで煙の立っている男を探すのが先決だ。週刊誌なんか放っとけ」「そうはいかん。こっちも重要だ」「なぜ」「あとで話す。出来るだけ早く戻る」「森のことなら・・・・」と言いかけて、吾妻は気まずそうに口をつぐんだ。森の目がこちらを見ていた。結局吾妻は、それ以上言わずに片手を挙げて了解と応じた。何か言いたげな森を促して、合田は、出先から帰ってくる捜査員で混み合い始めた会議室を飛び出した。碑文谷の玄関を出るまでのほんの数十歩の間に、合田は手短に雑誌にすっぱ抜かれた記事の話をし、しばらく捜査を外れるよう伝えた。
森くん、さすがに鋭くその場の空気を読むのね。やっぱり、その勘の鋭さは刑事だわぁ。だけどあたしなら「捜査外されてある意味ラッキー」とかって思うけど。だって仕事しないで良いってことでしょ?堂々と仕事サボれるってことでしょ?遊びながら給料貰えるってことでしょ?・・・(違?)。

環七通りへ出てタクシーを止めたとき、無言だった森が一言「分りました」と言った。まったく表情はなかった。その森をタクシーに押し込みながら、自分の言葉が足りなかったのだろうかと合田は迷い、結局、勝手にしやがれと思い直した。しばらくしてから、ウナギの話を思い出したが、言い出すタイミングはすでに失っていた。
ここ、すごい好きな場面。写真週刊誌に顔を撮られてしまった為、捜査本部から外されることになったお蘭。まったく顔には出さないけどショックを受けているっぽい森くん。そんな森くんを気遣いながらも言葉に出せない合田さん。この微妙な感じのふたりの関係があたし的には萌えだわ

「森。時間は分からんが、今夜中にポケットベルを鳴らすから、本庁の六階へ電話を入れてくれ。俺は七係の机にいる。船橋まで帰らずに、都内にいてほしい。聞きたいことがあるし、話したいこともある」「何です」「山の話」 言葉が足りないなと思いながら、合田はそれだけ言った。
それでもやっぱりお蘭が心配。放っておけないのね、合田さん。こういったギクシャクした合田さんとお蘭のやりとり、たまらないわ~(うふっ)。 やっぱ、萌えだわ~



                 ~ マークスの山・読書感想記  次回へ続く ~


もう今回は、マジで森くん萌え場面しか抜粋してません。
森くんファン以外の方が読んでも、全く面白くも可笑しくも無い事は百も承知の確信犯です。
ゴメンナサイ


関連記事
                                               web拍手 by FC2

コメントの投稿

森はかっこいい

『マークス』、私は単行本しか読んだことなくて、最近文庫を買いました。
気になって手に取ると止められなくなり、気付いたら家の中なのに立ち読みです。

実は私、森を尊敬してます。
人に良く思われようというような計算高さがない正直さと勇気があって、でも良心もちゃんと持っているところ。
彼なりに気持ちが揺れたり悩んだりしているんだな、というのがよく解って、愛しい。
合田は合田で、他人に変に期待しすぎないし(祐介は別?)、森とは合うというか、案外理解者なんですよね。
お互いねじれ具合はいい勝負でしょう。
森と合田は、たとえ離れても、互いの気配の届くところで仕事して欲しかったなあ・・

次回の感想記も楽しみにしてます!

Re: 森はかっこいい

こぐまさん、こんばんは。

こぐまさんは、まだ文庫本、未読ですか。
『マークスの山』も例外なく、単行本と文庫本ではかなり改稿されてますね。
七係の面々のキャラも単行本と文庫本では微妙に違っていて、森くんや又三郎なんかは特に違ってる。
合田さんも大人になったというか、おとなしめになったというか、尖った部分が無くなった感じ。
内容も、話の本筋は変わってないけど、細かい部分ではかなり変わった印象を受けました。
あたし個人としては、単行本の方が好き。
なんか単行本の方が、七係の面々も突っ走ってて尖ってて。
直木賞取った作品だし、充分完成された作品だと思うから改稿する必要なかったような気もするんですけど。
まぁ、文庫本も文庫本なりの面白さはあるんですけど・・・・。
同じ『マークスの山』でも、2度楽しめて得と言ったら得なんですけどね。

森くん、尊敬してくれていて嬉しいです。
森くんの事、そんな風に言ってもらえるとスッゴイ嬉しい!!
実はブログ始めたのも「同じ森くんファンが見つかれば嬉しいなぁ」という目論みも有ったんですが
いまのところ、森くんファンはまだ現れてませんe-263
でも、高村ファンのサイト仲間が出来たので良かったです。
高村作品について萌え語り出来るだけでも、とっても楽しいっe-343

『マークス・感想記』は、ホント~に森くんに偏った自己満足の世界なので
毎回、申し訳ないなぁという気持ちを抱きつつアップしてるんですが(汗。

そんな記事にコメントくれて、本当にありがとうございます!!
こんなしょうもないブログですが、これからも見捨てずにお付き合い頂けたら嬉しいです。

No title

こんにちは~(^O^)

「マークスの山・読書感想記  次回へ続く」の文字を見て、ホッとしました(笑)
森くんへの愛の叫び、しかと読ませていただきました。

あ~~~、「マークス」の(色んな)高揚感を思いだし、ワクワクしました。
合田さんと森くんの若さゆえの(ですよね)ギクシャクが思い出され、ゾワゾワです。
読み返したい!!
合田さん、なんだかんだと森くんのこと想ってるんですよね(あえて思ってるとは書かないi-237
自分には無い森くんの良さも認めながら、イライラしている様子に合田さんの嫉妬も感じます。

にしても、いつもながら見事な抜粋とツッコミでした。
yukiさんが「森くんのこと、好きなんだなぁ」って思えましたよi-278
お母さん目線(笑)
そんなyukiさんは、他の高村作品なら誰が好きなのかとても気になります。脇キャラ専ですか(笑)?
聞かれてないけど、私は王道派です~、いつでも。メジャー好き。
でも、おじさんも好き~~~。

そして、私は「マークス」は文庫本派なんですよ。森くんの活躍度アップがハンパなくないですか?
森くん、一人で革靴で(だったかな?)山登りするんですよ! 初心者なのに。仕事熱心にも程があるだろ…。
yukiさんも文庫本派だと思ってました~。
単行本派でも構いませんので、またその辺りのツッコミを楽しみにしています。

では!

Re: No title

こんばんは~、まよこさん!!

こんな独りよがりの『マークス感想記』に、コメントありがとうございます~。
まよこさんは文庫本派ですか。
あたしは断然、単行本派なんですよー。
やっぱり高村作品にハマるきっかけとなったのが、この『マークス・単行本』なもので、単行本の方のインパクトが強烈に頭に残ってるからかもしれませんが。
単行本の方が、合田さんや森くんに若さゆえ(?)の繊細さや青臭さ、尖った部分があるように感じます。
文庫本の方が余計な物を削ぎ落として、理路整然と話が分かりやすくなった分、繊細さや突っ走り感が薄れちゃったかな~という感じがあるんです。
それと単行本に有った合田さんの「よりにもよって俺の、《お蘭》が」と、森くんの「現実的であると同時に厭世的で~」の2つが、文庫本ではバッサリカットされてた(泣。
ココあたし的には、マークスの中でも1番の萌え場面なのに・・・(涙。
・・・とは言うモノの、文庫本では確かに森くんの活躍度が飛躍的に上がってますね!
合田さんもかなり大人な男になっている気がします。
結局は、単行本には単行本の良さが、文庫本には文庫本の良さがあると思います。
どちらが良いのかは、人それぞれでしょうね。

そして、そして、あたしの他の高村作品で好きなキャラと言ったら・・・・・
『マークス』の次に好きなのは『リヴィエラ』かな?
その中の好きなキャラと言ったら、キム・バーキン。
で、『神の火』だったら、良ちゃん。
『黄金を抱いて翔べ』のモモ。
みんな、切ないですよねぇ(涙。
あたしは主役級よりも脇役に心奪われちゃうかな~。

でも今は、森くんの次に好きなキャラは、練ちゃんe-415!!

しばらくは柴田先生の、龍・練シリーズにハマりそうですが、高村先生の作品も読みた~い!!
次の作品が出るのは、いつのことやら。

一緒に、高村キャラ&練ちゃん萌えで盛り上がりましょうね~。
それでは、ありがとうございました~e-420

No title

マークスの再読終えたので、今までスルーしてたyukiさんの感想を読まねば!と走ってきたら、yukiさんの感想記まだ終わってなかった! そ、そうだったのか!
浮気してるからですよ〜 (´; ω ;`)
…また来ます…。

いや、私もこれから録りためてたアニメ銀○を観るんですけどねっ(笑)。

Re: No title

以知子さん、こんばんは。

以知子さんも『マークス』読んでたんですねぇ。
もう読み終わったんですかっe-451!? 早っ!!
あたしは、まだ『マークス・単行本』半分ぐらいまでしか進んでません(汗。
なんせ、あっち行ったりこっち行ったりフラフラ浮気しながらなモノで・・・。
まぁ、もともと読むの遅いんですけど。
集中力が続かないし、すぐ眠くなるし。

今回は(いつもか?)、特に森くんよがりな内容で、ホントごめんなさいm(__)m
『マークス・感想記』は、まだまだ続きますよ~。
嫌がらせかってくらい、ダラダラ続けるつもりです(笑。
以知子さんも、もう嫌になったら遠慮なく、あたしのコト見捨てて下さい(うそ)。
以知子さんもブログ、頑張ってくださいね。
いつも観てますよ~。
お互い頑張りましょうね~。

あっ、あたしもこれから《TOKYO MX》で、アニメ『K』観ますっ。

コメント、ありがとうございましたe-420
非公開コメント

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
高村薫小説、大好き!!
『晴子情歌』で挫折し、暫く高村小説からは遠ざかっていましたが、最近やっと『太陽を曳く馬』『冷血』『晴子情歌』『新リア王』(読了順)を読了。
これでたぶん、単行本化された髙村小説すべて制覇したと思います。
合田シリーズに登場する過去の人、
森くんをこよなく愛す、おバカです。

2012.5.4 ブログ開設
2013.1.1 ウェブサイト開設

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
お知らせ
カテゴリの『読書感想記』『プチ地取り』はウェブサイトからも観れます。 リンクの【DAYDREAM/yuki・ウェブサイト】から、どうぞ。  ※なお、内容はブログにアップされているモノと同一ですのでご了承ください。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

めーる(お気軽にどうぞ)
ご意見、苦情、なんでも受けたまわります。でも、あんまり凹むのはヤメテネ。

名前:
メール:
件名:
本文:

へーちょー