夏休み日記

毎日暑すぎて、もう何もやる気がしない。
妄想でさえも、する気しない。

ということで、蝉の記事。
(なぜ蝉? 意味分からん)

今の時期、蝉の鳴き声がたけなわですね。
あたしの子供の頃の一番の夏の思い出と言ったら、この蝉時雨。
コレを聞くと 「あぁ、夏だなぁ」 と思います。
凄く好きです。蝉時雨。
言葉の響きも好きだなぁ。
日本語って素晴らしい。

で、この時期、公園なんかを通ると蝉の抜け殻がいっぱいあります。


ここから先、虫が苦手だという方注意!!

セミの抜け殻のアップ写真、多数あります。






P1000369.jpg

P1000365.jpg

P1000355.jpg


公園中のあちらこちらが蝉の抜け殻だらけ。
地上での短い命を悔いなく生きろよっ、蝉達!

虫は、本当~に苦手ですが、蝉の抜け殻は好き。
ちなみに、生きてる蝉は超苦手です。

しっかし、こう毎日暑いとお蘭ちゃん妄想もする気にならない。
明日辺りから、中国大陸の方から物凄い熱波が来て、凄い猛暑になるらしいっす(怖っ)。
これがお盆過ぎまで続く模様・・・・・

皆さまも体調管理には十分気をつけて、この暑さを乗り切りましょう。

関連記事
                                               web拍手 by FC2

コメントの投稿

No title

こんにちは。
蝉の抜け殻を激写するyukiさんがかわいい。
蝉時雨、本当に日本語は美しいですねえ。
でもあんまり近くで鳴かれると気温が2℃くらい上がる気がします・・
ちょうど脱皮?する場面に遭遇したことがあるんですが、やさしいミントグリーン色で初々しく、感動しました。
ところで、野鳥好きの私としては、スズメの子育て日記がいきなり最終回を迎え、残念に思っております。
無事大きくなってるといいですね~。

Re: No title

こぐまさん、こんばんは~。

意味も無く、蝉の抜け殻の写真をやたらアップした記事に反応下さり、ありがとうございます m(__)m
気持ち悪くないですか?
よく考えたら不気味ですよね(汗)。
なんだか暑すぎて、最近は支離滅裂な記事ばかりをアップしている様な気がします。

蝉時雨って言葉、美しいですよね。
そしてセミって確かに、あんまり近くで鳴かれると超うるさいっ。
あたしは昔、朝セミの鳴き声のあまりのうるささに目を覚ますと枕元のすぐ上の壁でセミが鳴いていた、という経験があります。
家の外の壁じゃ無く、中の壁でですよ。
暑かったから窓開けて寝てたんで、いつの間にか家の中に入っていたみたいです。
もうビックリしたのなんのって\(◎o◎)/!
いっぺんで目が覚めましたよ~。

でも、こぐまさんは蝉の脱皮の瞬間見たことあるんですねっ!! 凄い!!!
蝉が脱皮するのって多分早朝ですよね?
あたしは早起きが超苦手なので、見れたことありません。
一回生で見てみたいなぁ、って常日頃思ってるんですが。
さぞかし感動的だったことでしょう。 羨ましいです。
あたしは過去に蝉の抜け殻好きが高じて、蝉の抜け殻を家に持ち帰って部屋に飾るという趣味の悪いことをしたことがあります。
すぐに不気味過ぎるだろうと思い直してやめましたが・・・・・。

そして、スズメちゃんですが、きっと無事巣立ってくれたんだと信じてます。
巣立つ瞬間を是非見たかったのですが。
2回目にして最終回というのが笑えるでしょ。

コメント、ありがとうございました~e-436
非公開コメント

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
高村薫小説、大好き!!
『晴子情歌』で挫折し、暫く高村小説からは遠ざかっていましたが、最近やっと『太陽を曳く馬』『冷血』『晴子情歌』『新リア王』(読了順)を読了。
これでたぶん、単行本化された髙村小説すべて制覇したと思います。
合田シリーズに登場する過去の人、
森くんをこよなく愛す、おバカです。

2012.5.4 ブログ開設
2013.1.1 ウェブサイト開設

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
お知らせ
カテゴリの『読書感想記』『プチ地取り』はウェブサイトからも観れます。 リンクの【DAYDREAM/yuki・ウェブサイト】から、どうぞ。  ※なお、内容はブログにアップされているモノと同一ですのでご了承ください。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

めーる(お気軽にどうぞ)
ご意見、苦情、なんでも受けたまわります。でも、あんまり凹むのはヤメテネ。

名前:
メール:
件名:
本文:

へーちょー