ミケランジェロ展


上野の国立西洋美術館で開催されている、ミケランジェロ展に行ってきた。



P1000441.jpg  P1000443.jpg


ミケランジェロ展、なかなか良かったです。
ハッキリ言って、ミケランジェロに関しては、名前を聞いたことがあるぐらいでちゃんとした知識も無く
「話題になっているから」 ぐらいの感覚でフラッと行ったんですが、なかなか良かった!

ミケランジェロって、彫刻で有名な人だと思っていたんですけど、絵画でも偉大な功績を残してるんですね。
今回のミケランジェロ展では、彫刻の展示はあまり無く、絵画が多かった印象。
一番印象に残っているのは、やっぱり 『最後の審判』 ですね。
システィーナ礼拝堂の天井画も、素晴らしかった!

あと印象に残っているのは、会場内に特設された映像コーナーで上映されていた、4Kシアター。
超高精細4Kカメラで撮影されたという、バチカン宮殿のシスティーナ礼拝堂内の祭壇画。
システィーナ礼拝堂の中に、日本のカメラが入るのはこれが初めてとのこと。
大きなスクリーンに映し出されたその絵画の迫力に、涙が出そうになる程、感動しました。
実物を見たら、もっと感動するんだろうなぁ(溜息)。
バチカン宮殿に行って、本物を観てみたいと本気で思いました。

今回は(って、いつもだけど)、なんの予備知識も無く観に行って、なんとな~く流し観しちゃった感じだったので
もう一回行きたいなぁ。
もう一回行って、今度はちゃんとジックリ鑑賞したい。
美術展って、だいたい一回行ったら満足するんだけど、ミケランジェロ展は、「もう一回行きたい」 って思ってます。
ミケランジェロの作品は、それぐらい惹きつけられる不思議な魅力がありました。



DSC01101.jpg


あっ! バチカンのシスティーナ礼拝堂観たら、急にウンベルト・エーコの 『薔薇の名前』 が読みたくなった。
『薔薇の名前』 は、ウン十年前に一回読んで途中で挫折したんだよなぁ(汗)。
また読もうかな。 今度こそ、最後まで読もうっ!!

ちなみに、ドストエフスキーの 『罪と罰』 は、58ページで投げ出しました。
もう、一生読まないかも(汗)。


関連記事
                                               web拍手 by FC2

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
高村薫小説、大好き!!
『晴子情歌』で挫折し、暫く高村小説からは遠ざかっていましたが、最近やっと『太陽を曳く馬』『冷血』『晴子情歌』『新リア王』(読了順)を読了。
これでたぶん、単行本化された髙村小説すべて制覇したと思います。
合田シリーズに登場する過去の人、
森くんをこよなく愛す、おバカです。

2012.5.4 ブログ開設
2013.1.1 ウェブサイト開設

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
お知らせ
カテゴリの『読書感想記』『プチ地取り』はウェブサイトからも観れます。 リンクの【DAYDREAM/yuki・ウェブサイト】から、どうぞ。  ※なお、内容はブログにアップされているモノと同一ですのでご了承ください。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

めーる(お気軽にどうぞ)
ご意見、苦情、なんでも受けたまわります。でも、あんまり凹むのはヤメテネ。

名前:
メール:
件名:
本文:

へーちょー