石狩挽歌


鰊漁と云ふのはほんたうに聞きしに勝る壮大なものでした! 海が盛り上がつて押し寄せる鰊の大群も
人びとの漁撈の凄まじさも、鰊場を覆ふ熱気も喧騒も忙しさも、過ぎてみれば夢かと思ふほどです

【 『晴子情歌』単行本 P174 より 】


どうも、こんばんは~!
『 晴子情歌 』 を読んで、すっかりニシン漁にハマってしまっている、あやしい奴です。

で、鰊と言ったら、この曲っ!
『 石狩挽歌 』。
しぶいッす。 かっこいいッす~~~!!! 

動画、みつけたんで是非!!!
( 途中、変な字幕が出ますが気にしないで下さい・・・






『 晴子情歌 』 を読んだ皆さんっ! 
これぞ、『 晴子情歌 』 に出てくる鰊漁の世界だと思いませんか!?

そういえば、ニシン御殿って、母に聞いたことあります。
昔は、ニシンで家が建ったんだとか。

しかし、この 『 石狩挽歌 』、ジャンルは演歌なんだろうけど、なんかロックしてるわ~。
是非、あたしのカラオケの十八番にしたい曲です。


追伸

刑事もときめくけど、最近、漁師にもときめいてしまう、あたしです。
あほ・・・・・・(汗)。


関連記事
                                               web拍手 by FC2

コメントの投稿

No title

こんにちはー。
『晴子情歌』、私も大好きです~。
とにかく描写が素晴らしくて、まさに自分がその場に居て経験しているかのように生々しく、のめり込んでしまいます。
読んでいると、夢のような現実のような、不思議な気分になります。

で、『石狩挽歌』!
私はこの歌の八代亜紀版が好きで、携帯プレーヤーに入れてます。
車でひとり、熱唱したりします。笑
以前、テレビで、作者のなかにし礼氏が、氏の兄とのニシン漁にまつわる苦い経験を織り込んだ歌だと話していました。
ロックですね~。

Re: No title

こぐまさん、こんばんは~v-344

『 晴子情歌 』、良いですよね~。
あたしは、一回挫折してから苦手意識を持っていて、なかなか再度手が出なかったんですが、いったん読み始めたら、あっという間にハマりました。
ホント、描写が素晴らしく臨場感あふれる表現力で、本の中の世界の情景が目の前に浮かんできます。
「 高村薫ってすごい作家だな 」 と、改めて感じさせてくれる小説です。
こんなにも晴子の世界に惹きこまれるのは、日本人のDNAが自分の中にもあるからなのかなぁ。
などと思う今日この頃。

そして、『 石狩挽歌 』!!(笑)。
わぁ!!! こぐまさんも好きなんですか~!?
良かった~、賛同してくれる人がいてーヽ(^o^)丿
実は、この記事UPする時、こんなマニアックな歌の動画UPしたら変な奴って思われるかもな~(汗)って考えてたんです。
で、最近ブログの記事も脱線がちだし、今度こそ今まで来てくれていた人たちも離れていくかも、でもまっいっか~、って半分やけでUPしました。
まさか、『 石狩挽歌 』 を愛している人があたしの他にも居たなんてーーー!!(^◇^)
嬉しいっす(涙)。

『 石狩挽歌 』、八代亜紀も歌ってるんですね~!
うんっ! あたしこの歌、八代亜紀が歌っても合いそうだ、と思ってました。
どすの利いた声で、男前に歌ってほしい歌ですよね~。
まさしく、ロック!!
しかしこの歌、そうとう歌唱力がないと歌えなさそうです。
すごく難しそう。

それから、ニシン漁って過酷そうです。
特に 『 晴子~ 』 の時代のニシン漁は過酷そうです。
でもきっと、鰊が群れを成して大量に押し寄せてくる光景って、すごく神秘的で感動的なんでしょうねぇ。
一回その光景、観てみたいです。

それでは、コメントありがとうございました~(●^o^●)
非公開コメント

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
高村薫小説、大好き!!
『晴子情歌』で挫折し、暫く高村小説からは遠ざかっていましたが、最近やっと『太陽を曳く馬』『冷血』『晴子情歌』『新リア王』(読了順)を読了。
これでたぶん、単行本化された髙村小説すべて制覇したと思います。
合田シリーズに登場する過去の人、
森くんをこよなく愛す、おバカです。

2012.5.4 ブログ開設
2013.1.1 ウェブサイト開設

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
お知らせ
カテゴリの『読書感想記』『プチ地取り』はウェブサイトからも観れます。 リンクの【DAYDREAM/yuki・ウェブサイト】から、どうぞ。  ※なお、内容はブログにアップされているモノと同一ですのでご了承ください。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

めーる(お気軽にどうぞ)
ご意見、苦情、なんでも受けたまわります。でも、あんまり凹むのはヤメテネ。

名前:
メール:
件名:
本文:

へーちょー