七係シリーズ読書感想記 《東京クルージング編》1

やっと、七係シリーズ《東京クルージング》の読書感想記、書きました。
(誰も待っていないけど・・・)
あたしなりに頑張って書いたので(そんなん自分で言うか、普通?)もしお暇だったら覗いてみて下さい。
第一話 《東京クルージング》 は合田と森の 『朴念仁コンビ』 を中心に話が展開します。
ネタバレおおいにあるので記事をタタミます。

以下、ネタバレありです。





警視庁捜査一課第三強行犯捜査第七係 第一話 《東京クルージング》


冬の未明、京成上野駅正面口横の路上に男性の変死体一体。
午前3時05分、電話のベルに叩き起こされる合田雄一郎。受話器から聞こえる本庁六階大部屋の宿直の声が「そら、主任。七係のお出かけだ。場所は京成上野駅正面口横。変死体。43歳の福岡の会社員。急げ」と言っている。外は雪。 10数秒まどろんだ後ベッドから抜け出すと、条件反射で身支度をし午前3時08分には外へ飛び出した。
爆睡している所を電話で叩き起こされてから、わずか3分ですべての身支度を済ませ、出動!ひょぇ~~!!すっげ~~!!凄すぎるよ。合田さん!!!たったの3分でっせ!1度事件が起きて現場への出動要請が掛かれば、たとえどんな状況でも1分1秒でも早く、事件現場へ向かえる体制を整える。う~ん、仕事に生きる男って感じ。さすが警視庁の花形部署、捜査一課の現役。しかも本庁勤務。さぞかし優秀なんだろうな~

事件現場に召集された七係の面々が続々とやって来る。午前3時42分、又三郎、到着。
桃色のスキージャケット着て参上だってよ!嫁さんのらしい。結婚してたの初めて知る。驚き!独身だと思ってた。やっぱ、現場到着2番目。

しばらくして、薩摩肥後、松岡《十姉妹》、広田《雪之丞》登場。
松岡くん、こちらも派手な赤いダウンジャケットで現場に参上。まっ、又よりはマシじゃね?ちなみに松岡くんのダウンジャケットはリバーシブル。裏は黄色・・・。どっちもどっちか。

それから間もなく、新たな一人が、雪の中をジャンパー1枚の軽装で駆けてくるなり、先客3人にぶつかり、押し退け、その間に割り込んだ。たちまち「このやろう」「バカ」などと罵声が飛ぶ。
きゃーーー!お蘭登場。雪の降る中、寒かろうにジャンパー1枚なんて・・・。きっとペラッペラッのうっすいジャンパーなんだろうな。コートとか持ってないのか?慌てて飛び出してきて雪が降ってるの分からなかったのか?雪の中、ジャンパー1枚というのが、涙を誘います ちなみに下はジーパン。森くんのジーパン姿、イケてるんちゃう?想像しただけで涎が・・・。しかし、罵声にも全くスルーの森くん。そういうとこ大好き。3枚目の風貌と遺体を見る清冽な目だって。森くん、清冽なお目目してるのね(萌え~)。3枚目の風貌ってコレってあくまで合田さんの見た目ですっ。だよねっ?だよねっ?

「遅いじゃねえか」と肥後が森をつつく。「ホトケ、ほしけりゃ、やるぜ」と又三郎。「ホシを下さい」とだけ、森は応える。
くぅ~~~。七係の連中のこういう会話好きだわ~。お蘭ちゃん、あいかわらずなのねぇ。

その後、ペコさん登場。ペンギンみたいだって。酷ぇ~~。
森くん以外はサラッと流します。ペコさん、ごめんっ。

午前4時半過ぎ、やっと《モヤシ》参上。
陽炎のようだの、万年病み上がりの無気力な足取りだの、さんざんな言われようっす。ホンマ、影薄いんやな

その後、二人ずつ聞き込みの組み分けをして、各自割り当てられた方面へ。いつもペアの合田と森のコンビは割り当てられた上野公園へ向かう。捜査一課一口数の少ない合田と、全く私語を吐かない森義孝が組むと道中はいつも沈黙行になる。それでも合田は努めて何か言い、森も一言ぐらいは応える。
う~ん、無口な男ってかっこええ。合「今朝は遅かったな」 森「タクシーが捕まらなかっただけです」 合「へえ」。なんてクールな会話なんでしょう(萌え)。でも合田さん、いつも森くんには冷たい様で本当は結構気を使ってくれているのね。数少ない《合×森派》のあたしは嬉しいっす。

上野公園内にある銅像脇のベンチに座り込んでいる怪しいガキ2人組、アンパンやってラリってる。合田と森は、ダッシュで逃げるガキンチョ2人の行く手を阻み、職務質問。森は気短に、ビビって震えるガキらのポケットを叩き始める。
無愛想で無表情、抑揚のない喋りのサイボーグ森も好きだけど、短気な森くんもええな~。ビビって泣き出すガキンチョ。さすが本庁捜査一課の刑事、やっぱ迫力あんのね~。萌え

ひと通りの質問を終え、ガキンチョ2人組を釈放。駆け出す直前、若者の1人が不敵な照れ笑いを浮かべた。合田はとっさに片足を出し、若者はつまずいてひっくり返った。森の無言の唾が飛ぶ。若者2人は足をもつれさせて駆け去っていく。
粗暴な合田、森もかっこええ~

その後、上野公園で合田が割り箸を拾う。その間、森はビニール袋を拾っていた。よせばいいのに匂いを嗅いで、ゴホゴホ咳き込んだかと思うと、3秒後には顔を真っ赤にして「畜生」と唸った。シンナーが残っていたらしい。森はアトピー性皮膚炎の持病があって、揮発性の香料やガスに触れるとたちまち発疹が出る。
お蘭ちゃん・・・・・合「痒いか」 森「はぁ」。いつもの事で慣れているからって痒みの発作を起こしている、お蘭を放っておく合田さん・・・酷い・・・。でもまぁ痒いだけだし、合田さんにどうしろと言うんだと言われてしまえば、それまでなんですが・・・

午前7時半。森が駅の売店で買ってきたパンと牛乳を石段に座って食った。人の集まる場所は出来るだけ避けたい森のおかげで、合田もこの1年、すっかり買い食いに慣らされた。さっさと1つを食ってしまうと、合田は煙草を吸った。森は2つ目の菓子パンに食らいついている。まだ食い盛りの歳だ。顔の発疹はだいぶ退いている。
人混みに揉まれるとアトピーが出る森くん。不憫やなぁ(涙)。こんなんで大都会の砂漠で生きて行けるんか?心配やわ。買い食いって・・・。森くん、いつもこのスタイルなのかしら?でも、それに付き合ってあげる合田さん、ふだんはぶっきらぼうだけどホントは優しいのね・・ウルウル。しかし、30歳って食い盛りの歳か???

午前8時。合田と森は冷えきった腰を上げた。歩いて3分の上野署へ出発だ。森にとっては20数名分の整髪料の臭気に襲われる地獄の数十分が始まる。
お蘭ちゃん・・・・・。事件が起きたら毎日あるはずの捜査会議。それが君にとって地獄なんてカワイソすぎる。しかし、そんなに冷えきってまで外で食うか?確か外は雪。普通は耐えられんやろ・・・。そこまでしてお蘭に付き合ってあげる合田さんって、やっぱ優しい・・・・師弟愛や



はぁ~~疲れた。疲れたし、あんまり長くなっても読むの辛いと思うので(言い訳)今回は、ここまで。
《東京クルージング》読書感想記、続きは次回書きます。ご清聴有難うございました。

(ちょっと、短くねぇか?)
だって疲れちゃったんだも~ん。でも早く記事、上げたいんだも~ん。

しかし、いい加減やな~。まっ、誰も見てないだろうから、いっか。


関連記事
                                               web拍手 by FC2

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
高村薫小説、大好き!!
『晴子情歌』で挫折し、暫く高村小説からは遠ざかっていましたが、最近やっと『太陽を曳く馬』『冷血』『晴子情歌』『新リア王』(読了順)を読了。
これでたぶん、単行本化された髙村小説すべて制覇したと思います。
合田シリーズに登場する過去の人、
森くんをこよなく愛す、おバカです。

2012.5.4 ブログ開設
2013.1.1 ウェブサイト開設

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
お知らせ
カテゴリの『読書感想記』『プチ地取り』はウェブサイトからも観れます。 リンクの【DAYDREAM/yuki・ウェブサイト】から、どうぞ。  ※なお、内容はブログにアップされているモノと同一ですのでご了承ください。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

めーる(お気軽にどうぞ)
ご意見、苦情、なんでも受けたまわります。でも、あんまり凹むのはヤメテネ。

名前:
メール:
件名:
本文:

へーちょー