怖いもの・・・パートⅡ


友達から聞いた、ちょっと怖い話。

その友達に仲の良い会社の同僚がいて、初めは普通に友達付き合いしていたそうなんですけど
だんだん、その同僚がその友達の真似をしてくるようになったそうです。
友達が新しい服を買うと、数日後にその同僚が全く同じ服を買い、化粧品も同じものを買いみたいな。
初めは、「あぁ、自分のことを認めてくれてるんだな」と光栄にさえ思ってたそうなんですけど
そのうち、靴やら鞄やら小物類まで同じもの、あるいは似たようなものを持つようになり
最後の方は、その友達の口癖、友達がやっているブログの記事まで真似してくるようになったそう。
もちろん、その友達も冷静に考えて「自分の思い過ごしじゃないか?被害妄想じゃないか?」とも思ったけど
やっぱり、何から何まで真似されているという感情は拭いきれなくてちょっと、この状況にウンザリしてるし
恐怖心さえ感じだしたそう。
友達も「自分の被害妄想で、あたしがおかしいのか、同僚がおかしいのか分からなくなってきた」
と、けっこう悩んでました。
「もし、真似をしてるのであれば好意を持ってくれていて真似しているのか? それとも嫌がらせされているのか?」
と色々考えて疑心暗鬼を生じ、そこから抜け出せなくなってしまったそうです。
最近は、もう嫌悪感や恐怖心しか懐けなくなり、友達はその同僚と完全に距離を置くようにしたそう。

最近、頻発しているストーカー行為もこんな感じからはじまるのかな、と話を聞いていて思いました。
自分の感情だけを最優先して相手の気持ちを考えられない、そんな人間が最近増えてるのかな?

自分は好意と思ってやっていることも度を越すと相手は苦痛に感じたり、最悪恐怖心さえ懐いたりしてるかも。

というあたしも、自分では気が付かないうちに人に不快感を与えてるかもな~。
気を付けよう。
相手の気持ちになって考えてみるってことも大事。
いずれにしても、人間関係って難しいですね。

友達に、この話を聞いたとき、昔あった「ルームメイト」ってうホラー映画を思い出しました

まぁこれが、その同僚が友達にライバル意識を持ってて張り合っているのか?
純粋に良いと思って(悪意は無く)ただ、真似ているだけなのか?
嫌がらせのつもりなのか?
はたまた、友達の被害妄想なのか?
ホントのところは、分かりません(汗)


以上、ちょっと怖かったお話でした。


関連記事
                                               web拍手 by FC2

コメントの投稿

ホントにあるんですね・・・

話には聞いたことがありますが、本当に身近にあるものなんですね・・。
突然ですが、ジョン・レノンを殺害したマーク・チャップマンをご存知ですか?
動機についてはいろんな解釈があるのですが、その一つ。
ジョン・レノンの熱狂的なファンであったチャップマンは、ついには自分がジョンであるかのように錯覚していく。すると、本物のジョンを見て、あいつは誰だ?と思うわけです。同じものは二つはいらない。それで殺してしまった、と。
自分のアイデンティティを保つために殺す。そもそも借り物のアイデンティティに過ぎないのに。それだけ、「自分」というものがないのでしょう。

怖がらせるつもりはないけど、怖い話ですよね。
多かれ少なかれ、好きな人を真似るってのは、あることだし。(←心当たりがある(笑))
ただ、普通は、歯止めがきくはずなんですが、それがないことが病的に感じます。
お友達さんのケースは、ここまで深刻なものではないと思いますし、実際のところは、どうなのか分かりませんが、距離を置くのは正解だと思います。その同僚も、いつか気づいてくれると良いですね。

Re: ホントにあるんですね・・・

makoさん、こんばんは。

購入早々、パソコンに不具合が生じ修理に出すはめになり今回もスマホから返信です(T-T)
スマホ入力は慣れてないので、読みづらかったらゴメンナサイm(__)m

ジョン・レノン暗殺犯のチャップマン、知ってます。
あたし、「ライ麦畑でつかまえて」って本が好きで、以前ブログに「ライ麦~」の読書感想文を書いたんですが、その時ちょっとチャップマンのことに触れた記憶があります。
チャップマンは、「ライ麦~」の愛読者だったという話があるんですよね。
あと、ケネディの暗殺犯も「ライ麦~」の愛読者だったという話を聞いたことがあります。
ジョン・レノン暗殺のmakoさんの仰る説は初めて聞きました。
その説が本当だとしたらちょっと怖いですね。
あたしが記事に上げた「ルームメイト」っていうホラー映画も、初めはぜんぜん違うタイプの人間だったルームメイトが、だんだん自分とソックリになって最後は乗っ取られるという感じの話だったと思います、確か。
本物が偽者に乗っ取られる…考えるとゾッとします(怖)。

さて、その真似っこさんの件ですが、確かに真似するという行為自体は決して悪いことではありません。
ただ、度を越すとね…。
makoさんの仰るように、歯止めがきかないとなってくると困りモンかもしれません。
何事も程々に、ってことですね。
本当のところはどうなのかは分かりませんが、嫌な思いをするのなら、余計なことは言わずに上手に距離を置くというのが一番良いのかも知れませんね。

そういうあたしも、知らず知らずのうちに人に不快感を与えているかも知れないので、そこら辺はホント気をつけないとな~、ってつくづく思い知らされる出来事でした。

こんな記事に(笑)、コメントありがとうございましたm(__)m 
非公開コメント

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
高村薫小説、大好き!!
『晴子情歌』で挫折し、暫く高村小説からは遠ざかっていましたが、最近やっと『太陽を曳く馬』『冷血』『晴子情歌』『新リア王』(読了順)を読了。
これでたぶん、単行本化された髙村小説すべて制覇したと思います。
合田シリーズに登場する過去の人、
森くんをこよなく愛す、おバカです。

2012.5.4 ブログ開設
2013.1.1 ウェブサイト開設

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
お知らせ
カテゴリの『読書感想記』『プチ地取り』はウェブサイトからも観れます。 リンクの【DAYDREAM/yuki・ウェブサイト】から、どうぞ。  ※なお、内容はブログにアップされているモノと同一ですのでご了承ください。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

めーる(お気軽にどうぞ)
ご意見、苦情、なんでも受けたまわります。でも、あんまり凹むのはヤメテネ。

名前:
メール:
件名:
本文:

へーちょー