都市伝説ってやつ!?


あたしの好きな本の中に、サリンジャー著の「ライ麦畑でつかまえて」ってのがあるんですけど
最近、この本にまつわるちょっと怖い話を知ってしまいました。
一部の人達の間で「ライ麦畑でつかまえて」は、洗脳本ではないか? 
という都市伝説的(?)な話が流布しているようです。
というのも、ジョン・レノンの暗殺犯も、元レーガン大統領の暗殺犯も(ちなみにこれは未遂)、
ケネディ暗殺犯も、「ライ麦畑でつかまえて」を愛読していたらしいのです。
そういえば、ジョン・レノンを射殺した犯人が、警察に捕まった時「ライ麦畑でつかまえて」を所持していた
という話は、あたしも聞いたことがあります。

で、この暗殺犯たちは「ライ麦畑~」を読んでるうちに洗脳されて犯行に及んだのでないか?
結果、この本は洗脳目的の為に書かれた本じゃないか? みたいな・・・・

えっ! ってことは読んだ人間みんな洗脳されて暗殺者になってしまうのーーー!?
ってか、あたし、何年も前にこの本、完読しているんですけど?
暗殺とかしてないんですけど。
ってか、そんなことしようと思ったこと一度もないんですけど。
だいたい「ライ麦畑でつかまえて」って本、世界的ベストセラーになってるよね(自信はないけど、確か)
ってことは、世界中にこの本完読した人沢山いるよね?
ってことは、世界中暗殺者だらけになってるってこと?
ありえんわ。

なんか、大好きな本を洗脳本とか言われてしまうとショックなんですけど(涙目)。
ネットで見てみると、いわくつき本リストに入れられてたりする記事もあるし・・・(涙)。
高村薫作品の次に好きな本なんですけどね・・・「ライ麦畑でつかまえて」。

たぶん、あたしが思うにですね。。。
ジョン・レノン暗殺犯が、犯行に及んで警察が来るまでの間、現場近くで「ライ麦畑~」を読んでいた。
という話は有名ですから、そっから話に尾ひれが付いて有ること無いこと囁かれるようになったのでは?
人ってそういう都市伝説的な話、大好きですからね。

それにしても、作者もいい迷惑だろうな。
自分が書いた作品が、「犯罪者製造のための洗脳本」みたいなこと言われて。
「ライ麦畑でつかまえて」の愛読者であるあたしも、なんかとっても複雑感満載

しかし、「ライ麦畑でつかまえて・洗脳本説」も、なかなか説得力があってですね、中には「う~ん、有り得る」
って思ってしまう人も居るかもなぁ。
現にあたしも、一瞬「あたし、読んじゃったよ!洗脳されてたらどうしようっ」って思っちゃったもん。

ネットで検索すると色々出てきます。


ライ麦畑でつかまえて・洗脳本説・・・・・


信じるか信じないかは・・・あなた次第です


関連記事
                                               web拍手 by FC2

コメントの投稿

なるほど

こんにちは。
いろんな憶測含め語られ続けるのは、それだけ多くの人の心を深く掴んだってことなんでしょうね。
以前から『ライ麦・・』はいくつかの書評やyukiさんの記事から、私も好きな部類だろうなと確信してるんですけど、自分の中の日頃忘れてる根深い厭世的な考え方を思い出しそうだし、再び浮上するのにエネルギー要る気がして、横目でチラチラ見ながら今日まで読まずに来てしまいました。
いい機会なので、この夏の一冊に読もうかなと思ってます。

ちなみにyukiさんは、村上春樹の訳と野崎孝の訳、どちらが好きですか?
よければお聞かせ下さい。

ところで、高村薫の本も、洗脳本ですよね~? 笑

Re: なるほど

こぐまさん、こんばんは。

「ライ麦畑でつかまえて」、わたしは凄く好きな作品です。
この本、内容的にはそんなに暗い話ではないというのがわたしの感想です。
確かに、この本の主人公の男の子は、社会(学校)の枠からはみ出してしまった少年ですが変に暗い話ではなく、あくまでもわたしの感想ですが、凄く純粋で繊細でロマンチックなお話だという印象を受けました。
上手く言えないんですけど、ちょっとおとぎ話っぽい要素さえ感じたりして。
好き嫌いはあると思うので、強くはお薦めしませんが暇があれば読んでみてはいかがでしょう。

村上春樹の訳と野崎孝の訳、どちらが良いか?・・・は、ですねぇ
基本、どちらの訳もそんなに違いはなかったように思います。
両方買って両方読みましたが、正直、あまり違いは感じなかったです。
ただ、私個人の好きな方で言ったら、野崎孝の訳の方かな?
というのも、初めに読んだのが野崎孝の方で、村上春樹の方が後に読んだからなのかも。
人間、最初に読んで感動した方に思い入れが強くなるのかもしれないですね。
村上春樹の訳の方を最初に読んでいたら、村上春樹の方を好きになっていたかも。
そういえば、高村薫の「マークスの山」も文庫本より単行本が先だったので、断然単行本の方が好きですから。
あえて、村上春樹の訳と野崎孝の訳の違いを言えば、本題かな。
野崎孝の邦題「ライ麦畑でつかまえて」って言葉の響きがなんか好き。
村上春樹は「キャッチャー・イン・ザ・ライ」ですからね。
けっこう昔に読んだ作品なので、細かい内容は忘れてしまったのですが大きく違うのは本題くらいじゃないのかな?
ということで、もし読むんだったら、こぐまさんの好きな方で良いと思いますよ。

そうそう、高村本も洗脳本ですよね~。
だって、内容から言ったら「リヴィエラを撃て」の方が全然過激だし、「ライ麦畑でつかまえて」が洗脳本なら「リヴィエラ~」なんてまさしくそう言える。
あたしも、この記事書きながらそう思ってました。
あと読者は、合田さんや加納さん(あたしの場合は)森くん信者に洗脳されてるし・・・(笑)。
非公開コメント

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
高村薫小説、大好き!!
『晴子情歌』で挫折し、暫く高村小説からは遠ざかっていましたが、最近やっと『太陽を曳く馬』『冷血』『晴子情歌』『新リア王』(読了順)を読了。
これでたぶん、単行本化された髙村小説すべて制覇したと思います。
合田シリーズに登場する過去の人、
森くんをこよなく愛す、おバカです。

2012.5.4 ブログ開設
2013.1.1 ウェブサイト開設

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
お知らせ
カテゴリの『読書感想記』『プチ地取り』はウェブサイトからも観れます。 リンクの【DAYDREAM/yuki・ウェブサイト】から、どうぞ。  ※なお、内容はブログにアップされているモノと同一ですのでご了承ください。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

めーる(お気軽にどうぞ)
ご意見、苦情、なんでも受けたまわります。でも、あんまり凹むのはヤメテネ。

名前:
メール:
件名:
本文:

へーちょー