モネ展


さて、私ごとですが、昨夜は家のトイレが詰まるという悲劇に見舞われ大変でした。
慌てて、トイレ詰まり解消グッズ(棒の先にスッポンのような物がついているヤツ)
を買いに走り、そのスッポンでトイレと格闘するコト2時間。
やっとの思いでトイレの詰まり問題を解消しました。
うちの場合、トイレの排水管とキッチンの排水管がつながっているらしく、キッチンの排水まで
詰まってしまい、あげく夕飯の支度の時間と重なったため、もうちょっとパニック状態でした。
うちはマンションだし、過去に下の階に漏水して大変な思いしてるし・・・・
まず、これでまた下の階に水漏れしたらどうしようとか考えて、めっちゃパニックでした。
格闘のあげく、詰まりは解消したのですがパニックのあまりトイレの操作ボタンが付いているリモコンが
壁に取り付けてあったのを、ぶち壊してしまいまして。
なんで、リモコンが壊れたのか今でも分かんないんですが、相当な馬鹿力でなんかしたんでしょうねぇ(汗)
パニくってたのでいつどう壊したのか全然覚えてません(怖)。
リモコンどうするんだ・・・・色々と、凹みましたわぁ(涙)。
もうそんなこんなで、昨日の夜はクタクタでした(泣)。




ところで、先日、東京都美術館で開催されているモネ展に行ってきました。

DSC02828.jpg



待ち時間は0だったんですが、チケット売り場には行列が出来ていて案の定
場内は混雑していて、鑑賞中に人に足を踏まれること数回・・・(汗)。

DSC02818.jpg
美術展とかって、一回でいいから空いた環境でゆっくりと自分のペースで観たいと思うのですが
一般庶民には夢の夢ですね。


モネのことは、さほど興味が無かったんですが一応話題の美術展は行ってみる、ただのミーハーです。
しかし、モネに関する何の基礎知識も無く行ったあたしでも、それなりに楽しめました。
モネって、正統派の解りやすい綺麗な風景画を描く画家というイメージを持っていたのですが
晩年のモネの作品は「芸術は爆発だっ!!」的なゴチャゴチャの色彩で書き殴ったような感じの画が多く
ちょっと、驚きました。
晩年のモネの作品には『日本の橋』という題の付いた画も沢山あって、これも様々な色彩で
書き殴ったような画で「どこに橋があんねんっ!!」と、ひとり心の中でツッコミを入れながら観てました。
それぐらい、色をごっちゃごちゃに塗りたくっているだけの様な画で、よ~く観てもどこに橋があるのか
解らなかったです。
『日本の橋』を数多く描いたモネって日本贔屓だったんでしょうか?
モネの描く画は、初期のころと晩年のころとでは大きく違っていたような気がするけど
あたしは、晩年のなんだか良く解んない画の方が好きだったりします。



ところで、「モネ展」の音声ガイドのガイドは田辺誠一さんでした。
別料金を払えば、この音声ガイドを聞きながら鑑賞出来たのですが、前回「国宝展」で
邪魔くさい思いをしたので、今回は音声ガイドはパスしました。
(お金勿体ないし・・・)。
そうそう、田辺誠一さんはこのモネ展のオフィシャルサポーターだそうで、モネ展グッズ売り場には
田辺画伯デザインのグッズも、数点置かれていました(便乗・・・・)
買わなかったけど。

で、グッズ売り場で買ってきたのが

IMG_0018.jpg
ブックマーカー


本とかはよく読むので一番、実用的かと。

最近、展覧会とかに行ってブックマーカー買ってくるのが、ぷちマイブームかも。


関連記事
                                               web拍手 by FC2

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
高村薫小説、大好き!!
『晴子情歌』で挫折し、暫く高村小説からは遠ざかっていましたが、最近やっと『太陽を曳く馬』『冷血』『晴子情歌』『新リア王』(読了順)を読了。
これでたぶん、単行本化された髙村小説すべて制覇したと思います。
合田シリーズに登場する過去の人、
森くんをこよなく愛す、おバカです。

2012.5.4 ブログ開設
2013.1.1 ウェブサイト開設

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
お知らせ
カテゴリの『読書感想記』『プチ地取り』はウェブサイトからも観れます。 リンクの【DAYDREAM/yuki・ウェブサイト】から、どうぞ。  ※なお、内容はブログにアップされているモノと同一ですのでご了承ください。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

めーる(お気軽にどうぞ)
ご意見、苦情、なんでも受けたまわります。でも、あんまり凹むのはヤメテネ。

名前:
メール:
件名:
本文:

へーちょー