刀剣女士


先日、ブルガリ展を観た後、国立博物館の本館の方にも入ることが出来たので色々と観てきました。
本館内は凄く広くて展示物がたくさんあったのと、時間があまりなかったこともあって
ざっとしか観れなかったんですけど展示物の中に刀剣コーナーがあるのを見つけて
めっちゃテンション上がりました。
実はあたし、刀剣フェチです。
ブルガリ展は、館内写真撮影禁止だったのですが、本館内は写真撮影OKだったので写真撮ってきました。
刀剣なんて興味無い人には全く需要が無いと思うんですが、基本ココは自己満ブログなので写真載せちゃいます(汗)。


写真はやみくもに撮ったので途中で訳分かんなくなってるし、刀剣に関しても知識が全く無いので(フェチのくせに)
もしかしたら実物と銘が違っているかもしれませんが、もしそうなっていたら、ごめんなさいm(__)m
(でも、実際どれも同じに見えるし違いが良く解らんし・・・汗)




DSC_0114.jpg
太刀 福岡一文字助真    国宝
鎌倉時代・13世紀

DSC_0115.jpg









太刀 古備前友成
   国宝
平安時代・11~12世紀

IMG_0368.jpg







IMG_0369.jpg
刀 粟田口久国
鎌倉時代・13世紀

IMG_0370.jpg








IMG_0371.jpg
太刀 手掻包永   重要文化財
鎌倉時代・13世紀

IMG_0372.jpg







IMG_0373.jpg
太刀 長船長光   国宝
鎌倉時代・13世紀

IMG_0376.jpg







IMG_0377.jpg
太刀 備前雲生   重要文化財
鎌倉時代・13世紀

IMG_0378.jpg







IMG_0379.jpg
刀 伝相州正宗
( 名物 籠手切正宗 )
南北朝時代・14世紀

IMG_0380.jpg







IMG_0382.jpg
太刀 長船長義
南北朝時代・14世紀

IMG_0383.jpg







IMG_0384.jpg
太刀 長船秀光
南北朝時代・慶応元年( 1389 )

IMG_0385.jpg







IMG_0386.jpg
短刀 小野繁慶   重要美術品
江戸時代・17世紀

IMG_0387.jpg







IMG_0388.jpg
刀 肥前忠吉 
江戸時代・17世紀

IMG_0389.jpg







IMG_0390.jpg
短刀 相州貞宗   国宝
( 名物 寺沢貞宗 )
鎌倉時代・14世紀

IMG_0391.jpg







IMG_0397.jpg
叢梨地花鳥山水蒔絵脇指
江戸時代・19世紀

IMG_0398.jpg







IMG_0399.jpg
梨地桐竹鳳凰文蒔絵宝剣
江戸時代・元治元年( 1864 )

IMG_0400.jpg







IMG_0401.jpg
黒檀地花鳥蒔絵螺鈿脇指
江戸時代・19世紀

IMG_0402.jpg







IMG_0403.jpg
紫檀地花鳥文蒔絵螺鈿太刀
江戸時代・慶応元年( 1865 )

IMG_0404.jpg







IMG_0405.jpg
銀包桜樹文合口
江戸時代・19世紀

IMG_0406.jpg







IMG_0407.jpg
梨地雲鶴文蒔絵太刀
明治元年( 1868 )

IMG_0408.jpg







IMG_0410.jpg
黒漆小脇指
江戸時代・17世紀

IMG_0411.jpg







IMG_0412.jpg
脇指 相州貞宗    重要文化財
( 号 石田貞宗 )
南北朝時代・14世紀

IMG_0413.jpg




新選組が好きなので、本当は「虎徹」とか「和泉守兼定」とか「菊一文字」とかが見たかった。

とは言うものの、国宝級の刀剣がたくさん展示してあり、とっても興奮しました。
博物館館内では、観光客であろう外国人の方も多く見掛けました。
きっと(特に)西洋の人なんかは日本の刀とか着物とかに興味があるんでしょうねぇ。
刀剣のブースでも、熱心に観ている外国の方を多く見掛けました。


・・・ってか、このブログはいつ刀剣マニアのブログになったのでしょうか?
この先、どこに行こうとしているんでしょうか・・いったい
はじめは、高村ファンブログだったんですけどねぇ(汗)


関連記事
                                               web拍手 by FC2

コメントの投稿

渋い

今、私の頭の中で、米良美一が ♪研ぎ澄まさ~れた~刃の美し~ と歌っています

私も、yukiさんはどこへ行ってしまうのだろうかとチラっと思いましたが、でも美しいものの本質は同じですから
刀剣、いいですね
実際に生で見ると、やはりそれぞれ個性や気配の違いがあるものなんでしょうか?
一度実物を見てみたいです
しかし、石といい、けっこうシブイ趣味をお持ちですね

Re: 渋い

こぐまさん、こんばんは~。

こんな記事にコメント、ありがとうございますm(__)m
なんか、自分では書いていて楽しかったのですが、こんなの誰が見て喜ぶんでしょうか?(汗)
まぁ、もう自分のやりたい様にやろう、と最近では開き直ってますっ!
でも、刀剣。実際にとっても美しかったですよ~。
まさしく、『♪研ぎ澄まさ~れた~刃の美し~』でした。
実物を目の前に観ていると、ガラスケース越しではありましたが、なんだかピーンと張り詰めた凄いオーラが出ていた(様な気がします)。
最近の大量生産のモノと違い、一流の職人さんが丹精込めて一つ一つ作っている物だからなんでしょうか。
綺麗に見せるために照明が当てられていたせいもあると思うんですけど、キラッキラに輝いていて宝石とはまた違った美しさがありました。
本当に優れたものというのは、時を経ても残っていくものなんでしょうね。
あっ、刀の一つ一つの違いというのは全く分からなかったです(笑)
実際、どれも同じに見えました!(爆)
今回は時間が無くてゆっくり見れなかったので、今度もう一度ゆっくり時間をかけて見たいと思ってます。

さて、最近のあたしは鉱石とか刀剣とかに興味を持って、おばさん化ではなくオッサン化してます(間違いなく)
そのうち、盆栽とかに手を出すかもしれません。
「このコケの付き具合がいいんだよな~」なんて言ってたりして・・・・
そんな時は、こぐまさん、あたしを現世に引き戻して下さいね。
お願いしますm(__)m
非公開コメント

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
高村薫小説、大好き!!
『晴子情歌』で挫折し、暫く高村小説からは遠ざかっていましたが、最近やっと『太陽を曳く馬』『冷血』『晴子情歌』『新リア王』(読了順)を読了。
これでたぶん、単行本化された髙村小説すべて制覇したと思います。
合田シリーズに登場する過去の人、
森くんをこよなく愛す、おバカです。

2012.5.4 ブログ開設
2013.1.1 ウェブサイト開設

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
お知らせ
カテゴリの『読書感想記』『プチ地取り』はウェブサイトからも観れます。 リンクの【DAYDREAM/yuki・ウェブサイト】から、どうぞ。  ※なお、内容はブログにアップされているモノと同一ですのでご了承ください。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

めーる(お気軽にどうぞ)
ご意見、苦情、なんでも受けたまわります。でも、あんまり凹むのはヤメテネ。

名前:
メール:
件名:
本文:

へーちょー