七係シリーズ 『凶弾』 その後考察

秋と言えば 『読書の秋』、『芸術の秋』、『スポーツの秋』 などなどいろいろありますが
あたしの場合は 『食欲の秋』 のようで、毎日、食欲があり過ぎて困ってます。
特に夜、夕食をお腹いっぱい食べても、すぐお腹が空きます。
異常な食欲で、おデブ街道まっしぐらーーー!
かなり、ヤバいです。

前にも予告してました 七係シリーズ第5話 《凶弾》 のその後考察 アップしました。
かなり、自己満足企画になってます。
相当、アホくさいです。


一応、ネタバレ有るので、記事タタミます。 


 


             


               警視庁捜査一課第三強行犯捜査第七係 《番外編》
                  七係シリーズ 第5話 《凶弾》 その後考察


《凶弾》 原作より抜粋
     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
レジの電話機をひったくって、合田は刑事生活12年で初めて、110番の3つの数字ボタンを押した。瞬く間に、流れるように単調な女の声が 《はい、110番》 と応える。 「一課七係の合田だ。赤羽で撃たれた。通話を指揮台と6階へ通してくれ」 《通してます》 「まず、今すぐに森義孝巡査部長のポケットベルを鳴らすこと。次に、千葉県警に連絡して、JR西船橋駅に誰かを走らせてくれ」 《主任・・・・? 主任、どうかしましたか》 という声は指揮台からだった。 《撃たれたと聞こえましたが》 「いいから! もうすぐ駅に入る電車に森が乗ってる。千葉の連中には、頭に派手に包帯を巻いてる3枚目だと言えばいい。ホームでその包帯男を捕まえて、絶対に外へ出すなと言ってくれ。狙われる可能性がある。次に、七係の全員へ連絡。次に、関係各部署への連絡。あとの連絡は、赤羽署へ。俺は大丈夫だ。今から病院へ行く」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      
七係シリーズ第5話の 《凶弾》 は、ココで終わっているのですが、みなさん、非常に後味の悪い終わり方だと思いませんか?
森くんファンのあたしとしては、森くんの安否が非常に気になります。
この後、どうなったのか気になってしょうがないので、勝手にしょうもない妄想をしてみました。

題して 七係シリーズ 《凶弾》 その後を検証する!!!
          (お蘭はその後、撃たれたのか? それとも無事だったのか?)


というコトで、まずは千葉県警がお蘭ちゃんを確保出来たかどうか検証。
【合田さんと森くんが自宅最寄り駅に着くまでの時間差の検証】

合田さんが赤羽駅に到着するまでの所要時間  
   三河島 ―――――― 日暮里 ―――――― 赤羽
         2分          13分      (乗車時間 計 15分)
 乗換え時間等を考えて、赤羽駅に着くまでの所要時間、19分と推測。



森くんが西船橋駅に到着するまでの所要時間
   三河島 ―――――― 日暮里 ―――――― 秋葉原 ―――――― 西船橋
          2分         7分        26分     (乗車時間 計 35分) 
 乗換え時間等を考えて、西船橋駅に着くまでの所要時間、44分と推測。



合田さんも森くんも、それぞれ自宅のある最寄駅に着くのに、いくつかのルートは有るが、上記が最短ルートのはずで、このルートで帰宅するのが一番可能性が高いと思われる。(・・・・ホントかよ・・)
というコトは、 
合田さんが赤羽に着く時間と森くんが西船橋に着く時間差は、25分。



【合田さんが赤羽駅に着いてから銃撃されるまでの時間の検証】

《凶弾》 原作より抜粋
     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
赤羽西口から、同じ方向へ向かうサラリーマンたちに混じって、シャッターを下ろした商店街をしばらく歩き、いつものように途中のファミリーマートで 『あったか~い』 と書かれたケースの缶コーヒーを1本買い、それを片手にぶら下げてまた歩き出す。寄り道をしている間に、同じ電車を降りた通行人たちの姿は消えてしまっていた。商店街の途中に右に折れる路地があり、高台の団地に登る石段へと通じている。そのほんの20メートル足らずの路地のなかほどに、ノーズをこちらに向けた白のクラウンが1台止まっていた。最初に見たのは、ライトが消えたただの違法駐車の車の姿だった。次に見たのは、暗がりのフロントガラスの中の人影。次いで、バンパーの下の、ナンバープレートの無意味な数字の列。フロントガラスの中の人影が動いた。ほとんど同時に、自動バネが弾けたように合田は斜め前方にジャンプして身を投げ出した。落下しながら、乾いた銃声をいくつか聞き、どういう姿勢で見えたのか、夜陰に点滅する赤黒い閃光を見た。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                               
合田さんが、赤羽駅に着いてから銃撃されるまでの時間は原作の記述から見ると、赤羽駅に着いてからしばらく歩き、途中ファミマで缶コーヒーを買い、また自宅に向かってしばらく歩いている時に銃撃を受けている。
この間、だいたい5~10分と考えて、 森くんが西船橋駅に到着するまでの残り時間、20~15分。

合田さんが銃撃されて、地面を転がり、近くのファミマに転がり込むまでの時間は、いくら撃たれた後もかなり冷静だった合田さんと言えども銃撃くらった瞬間は、パニくっただろうし、しばらく撃たれた衝撃やら痛みやらで動けなかっただろうし、ファミマまで這って行っているコトを考えて、10~15分(推測)。 森くん西船橋到着まで、残り時間、最大で10分、最小でもう着いてる。ってことは最悪の場合、この時点で千葉県警は間に合わない。

その後、合田さんがファミマのレジで電話を借りて、110番し、そこから千葉県警に連絡 → 千葉県警が署員をJR西船橋駅に配備 → 署員が西船橋駅に到着。 この間の時間、10分~20分(推測)。

合田さんが赤羽駅を出て、何者かに撃たれ、110番通報し、千葉県警が西船橋駅まで署員を配備し、署員が西船橋駅に到着するまでにかかった時間
最長 (10分+15分+20分) で、45分。 (あくまで推測です)
最短 (5分+10分+10分) で、25分。   (     〃      )
合田さんが赤羽に着く時間と森くんが西船橋に着く時間差は、25分、 だから・・・・・・


よって上記の事からも、千葉県警が森くんが到着する前に西船橋駅に到着するのは、かなり時間的にきわどい感じじゃなかろうか?????
最悪、千葉県警は、西船橋駅森くん到着時間に間に合わなかったのではなかろうか????
仮に間に合っていたと仮定して、西船橋駅で森をうまく捕まえられるとは限らない。
西船橋駅がどの程度の大きさの駅か分らないが 、不特定多数が利用するし、改札だって1つじゃなかった場合、森くんをみつけて捕まれられるとは限らないし。(しかし、頭に派手に包帯巻いて目立ってるはずだから見つけやすいかもしれないけど・・・だけど、というコトは狙撃犯にとっても狙いやすいというコトになる)

そして、千葉県警が間に合わなかったとしても、もう一つ、指揮台から直接、森くんのポケベルに連絡を取るという手段が残されている・・・が、この日、森くんは合田さん達と酒を飲んで帰っている。
合田さんは日本酒があまり好きでなかった為、ほとんどしらふだったが、森くんはどうだったか?
酔いつぶれて電車の中で眠りこけていたら・・・・
この日、原作には森は風邪を引いていたと記述がある。 風邪薬を飲んで酒を飲み、薬+アルコールで酔いが回って電車で爆睡し、耳には、あのインチキテープのイヤホン。
ポケベルの呼び出し音に気が付かない・・・・・という可能性もありじゃないか?

そして、その日は数日前の犯人逮捕の際に負った怪我の為に頭に派手に包帯を巻いていた、お蘭。
合田さんが心配していた様に目立ちまくって、狙撃犯には 「自分はココだ」 と教えている様なモノ。

合田さんが、事件の初動捜査の時から感じていた、何者かの視線。
結局、合田さんが感じていた嫌な予感が、当たってしまったのですが・・・・・。
刑事としての直感は鋭いと思われる合田さんが得体の知れない危険を感じて、森くんに 「目立ち過ぎるから頭の包帯を隠せ」 と忠告したのに 『ばかばかしい』 といった顔をして無視した森くん。・・・・・高村先生が暗い伏線を敷いた様な気がするのは、あたしだけか?

この日森くんは 
  ・風邪を引いていた。(風邪薬を飲んでいたかもしれない)
  ・酒を飲んでいた。(薬飲んでアルコールは厳禁)
  ・頭に派手に包帯を巻いて目立っていた。

そして  
  ・千葉県警は間に合わない。
  ・耳にはインチキテープのイヤホン
  ・ポケベルは聞こえない・・・・・・・・
  ・酔っぱらって、かなり、フラフラ。

結論
千葉県警が森くんを、JR西船橋駅で捕まえられる確率 20%
警視庁の指揮台が森くんのポケベルに連絡取れる確率・・・う~ん、50%
しかも、ぺんぺん草はこの日、包帯男でそうとう目立っていたはず。狙撃犯は狙いやすい。
よって、お蘭が銃撃を受ける可能性はかなり有る(・・・いや、微妙か?) 
銃撃される確率 60~70%とみた。
  (どういう根拠やねんっ!
まぁでも、 『レディ・ジョーカー』(単行本限定) では、八丈島に行って結婚して子供まで出来てたし、例え撃たれていたとしても死んではいないだろう。


以上、森くんファンの独断と偏見による超自己満足な 七係シリーズ 《凶弾》 その後 の検証 でした。
勝手に一人でやってろよっ!! というツッコミが聞こえてきそうですが、自己満ブログなのでその辺はご容赦下さい。
ホント、すみません m(__)m


関連記事
                                               web拍手 by FC2

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
高村薫小説、大好き!!
『晴子情歌』で挫折し、暫く高村小説からは遠ざかっていましたが、最近やっと『太陽を曳く馬』『冷血』『晴子情歌』『新リア王』(読了順)を読了。
これでたぶん、単行本化された髙村小説すべて制覇したと思います。
合田シリーズに登場する過去の人、
森くんをこよなく愛す、おバカです。

2012.5.4 ブログ開設
2013.1.1 ウェブサイト開設

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
お知らせ
カテゴリの『読書感想記』『プチ地取り』はウェブサイトからも観れます。 リンクの【DAYDREAM/yuki・ウェブサイト】から、どうぞ。  ※なお、内容はブログにアップされているモノと同一ですのでご了承ください。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

めーる(お気軽にどうぞ)
ご意見、苦情、なんでも受けたまわります。でも、あんまり凹むのはヤメテネ。

名前:
メール:
件名:
本文:

へーちょー