加納祐介 生年月日考察

《読書感想記・マークスの山編》の加納さんの人物紹介に、加納さんの年齢を33歳って書いたんですけど
もしかしたら、『マークス』の時の加納さんは、34歳だったのかな? って今、思ってます。
合田さんと加納さんは同学年ですよね。
合田さんの誕生日は、ファンの皆様の間では、4/1早生まれ説が最有力です。
加納さんは合田さんと同学年で合田さんが早生まれとなると、加納さんは、合田さんの生まれた年の1年前に生まれている可能性は大いに有り得るわけです。
『マークス』当時は、1992年。
1992年10月5日に事件の一報が入った時、合田さんは33歳と6ヵ月。
そこから計算すると、合田さんは、1959年4月生まれというのが分ります。
というコトは加納さんは、1958年生まれの可能性も有りなわけです。
このことから考えると、やっぱり『マークス』の頃って加納さん、34歳だったかもしれないんだなぁ。

他の高村ファンサイトさんでも
《合田が1959年4月生まれで、同学年の加納が「数ヶ月の年長」であることから、おそらく1958年生まれ。合田はもれなく4/1しかありえない。》
と、書いてあるから、やっぱ加納さん、1958年生まれだな。(たぶん)。

『マークスの山』の小説中に出てくる七係の面々の年齢表記も、たぶん数え年で書いてあると推測すると
『マークスの山・読書感想記』の人物紹介も、加納さんの歳、34歳って書くべきか????

ちなみに、マークスの山 読書感想記 《序章》 の加納さんの人物紹介には、こう書いてます。
      
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

加納祐介 《あだ名ナシ》
東京地検特捜部検事。 (33歳。  訂正、34歳)
合田雄一郎の別れた元妻、貴代子の双子の兄。合田いわく「自分と似たような地平にいるのに、なぜかいつも、自分の日々の喧騒とはかけ離れた涼風の吹いている男」 または、「のんびり屋で真っ直ぐなええ男」。 六法全書片手に、掃除機をかける、眩しい才気と美貌の持ち主。たまに雄一郎の部屋に勝手に来ては、服にアイロンを掛けたり、テーブルをピカピカに磨き上げて帰ってゆくまめな御方。雄一郎とは 『山へ登ろう』 『ドストエフスキーを読もう』 という、単純かつ浮世離れした符合で結ばれてきた。才色兼備な完璧な男の様だが、実は・・・・。 (加納さんと合田さんの関係は隠微すぎて、とてもここで、ひと言では言い表せないのだ・・・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
        
   こう、すべきなのか?


加納さんと合田さんって同学年ですよねぇ??
合田さんは早生まれの4/1生まれ(あくまで推測)なんですよねぇ??
で、加納さんが『数ヶ月の年長』 ですよねぇ??

あぁーーーっっ 頭こんがらがってきたっ。

加納さんの人物紹介書く時、一瞬考えたんですけど、同級生だから合田さんと同じ33歳だよなって思ったんだけど・・・・・・(汗。
今になって、すごい気になってきた。

加納さんの生年月日って明かされてないですよねぇ?
どなたか、加納さんの生年月日知っている方、いらっしゃいますか?
居られましたら教えて下さい m(__)m

まぁ、どうでもいいっちゃ、どうでもいい事なんですけど・・・・
関連記事
                                               web拍手 by FC2

コメントの投稿

「数ヶ月」の罠

YUKIさん、こんばんは。

これは「数ヶ月」という言葉がミソですね。
一般的に「数ヶ月」って、どれくらいの期間をさすでしょう?
「1ヶ月」以上、「半年(6ヶ月)」以下の、2・3・4・5の数字でしょうか。

2・3ヶ月なら、加納さんは合田さんと同じく早生まれの1月か2月生まれ。(1959年)
4・5ヶ月なら、11月か12月生まれ。(1958年)

但しここで忘れてはいけないのは、『マークスの山』は10月の時期の事件。
上記の推測からすると、加納さんは誕生日を迎えておりません。
ですから33歳、という結論が導き出されます。

ということで、変更しなくていいと思いますよ。

本音を言えば、合田さんと加納さんの誕生日を高村さんが決定してくれたらいい話ではあるんですけどねー!(笑)

ところでサイン会で高村さんとお話しする際、話す内容は決められました? やっぱりお蘭のこと?

Re: 「数ヶ月」の罠

からなさん、こんばんは。

さっそく、貴重な情報を頂き、ありがとうございます!!
確かに『数ヶ月』というのは、だいたい2ヶ月~5ヶ月ぐらいのことを指すというのが妥当ですね。
というコトは、加納さんの生年月日は、1958年11月~1959年2月の間のどれか
というコトになりますね。
う~ん、これが1番、しっくりくるなぁ。
うんっ! これでイキましょうっ!!
加納さんの誕生日は、1958年11月~1959年2月の間のどれか で、決定!!

だけど加納さんも合田さんも、こんだけ長く出続けてるんだから、いい加減、生年月日ぐらい明かしてくれても良さそうなモンですよねぇ、高村センセー。
それと出身大学。
貴代子さんの出身大学は判明してるのに、肝心の加納さんと合田さんの出身大学は不明のまま・・・・。
まぁ、そのうちサクッと判明するかもしれません。

ところでサイン会ですが、話すチャンスが有ったならば、実は密かにコレを言おうと決めている事が有って
それは「森くんの復活は無いんですか?」と、ひと言聞こうと思ってます。
例え高村センセーに「何だ、コイツ」と思われようと、無視されようと、チャンスが有れば、その一言を!!って思ってます。

しかし、からなさんのサイトは、あたしがブログを始めるずっと前から観させて頂いてましたが、こんな風にからなさんからコメントを頂けるようになるなんて夢にも思っていませんでした。
「あたしにはブログなんて無理」とか当時は思ってたんですけど、「思い切ってやってみるもんだなぁ」と今、つくづく思います。
こうして、コメントを頂けるようになったんですから。
これからも、高村作品について色々と語り合えたら幸せです。
コメント、本当にありがとうございました。

こんばんは

加納氏のアバウトな誕生日決定したんですね!
アバウト過ぎかもだけど、なんかスッキリしました〜。
検証ありがとうございます!
ファンにとっては、高村先生はキャラの産みの親ですよね。
嫁にとっての義母みたいな感じですかね?
サイン会では、ど〜んと勝負して来てください。
(何の勝負?)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: こんばんは

のぶりんこさん、こんにちは。

なんか勝手に加納さんの誕生日、検証しちゃってスミマセン(汗。
一応、1958年11月~1959年2月と決めつけちゃってますが
可能性としては、1958年4月2日~1959年2月ぐらいまで有りかもしれませんね。
でも、1958年11月~1959年2月、ここら辺が1番しっくりくるんじゃないかというコトで・・・・。

サイン会ですが、一生に一度のチャンスだと思って、森くん復活をアピールしてこようと思います。
あぶない奴だと思われようと、無視されようと!!
でも、あくまでさりげな~く、サラッとですね。
じゃないと、ホントにあぶないファンになっちゃいますから(汗。
野田首相も言ってるじゃないですか「決断すれば、事は大きく動く」って。
というコトで、サイン会では勝負がんばってきますねっ!

コメント、ありがとうございました~e-415

追伸。。。。
『プラトーン』の若き日のジョニー・デップ、かっこいいですよ~。
あの頃から、なにか特別なオーラ放ってましたe-420

Re: 誕生日

はじめまして!!・・・・・で、良いのかな?
こちらでは、そういうコトになりますかねぇ(うふっ)e-266
コメント頂きビックリしたのと同時に、すごく嬉しかったですe-343
ありがとうございます!

義兄の誕生日、・・・・というコトは、やはり1958年11月~1959年2月というのでO.Kというコトですねっ!!
やっぱり、この辺が濃厚ですよね~。
じゃあ、加納さんも合田さんもお互い早生まれ同士、というコトになりますね。
なんかそれも、萌え~だわe-415
そして森くんの誕生日は、全く手がかりが無いので検証しようにも、どうにもこうにもって感じですかね。

そして、『新撰組』!!
あたしも大好きなんですよ~e-266
何年か前に放送の有ったNHKの大河ドラマの『新撰組』、香取慎吾がやったやつも、毎週欠かさず観てました。
大河ドラマを毎週欠かさず観たのなんて、後にも先にもアレが初めてでした。
山崎さんか~!! 渋いっすねぇ。
この方も、派手さは無いけど、いぶし銀の渋さが有って魅力的な方でした。
あたしは、なんとなく新撰組が、七係とかぶるんですけど・・・・
あと、土方&沖田は、加納&合田ともかぶります(あたしの中では)。
沖田が美青年の天才剣士っていうとことか、土方が策士っていうとこが、なんとな~く。

というコトで、コメントすごく嬉しかったです!!
また、ぜひぜひお気軽に遊びに来てくださいませ。
毎日寒い日が続きますが、そちら様もお体ご自愛くださいねe-266
非公開コメント

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
高村薫小説、大好き!!
『晴子情歌』で挫折し、暫く高村小説からは遠ざかっていましたが、最近やっと『太陽を曳く馬』『冷血』『晴子情歌』『新リア王』(読了順)を読了。
これでたぶん、単行本化された髙村小説すべて制覇したと思います。
合田シリーズに登場する過去の人、
森くんをこよなく愛す、おバカです。

2012.5.4 ブログ開設
2013.1.1 ウェブサイト開設

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
お知らせ
カテゴリの『読書感想記』『プチ地取り』はウェブサイトからも観れます。 リンクの【DAYDREAM/yuki・ウェブサイト】から、どうぞ。  ※なお、内容はブログにアップされているモノと同一ですのでご了承ください。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

めーる(お気軽にどうぞ)
ご意見、苦情、なんでも受けたまわります。でも、あんまり凹むのはヤメテネ。

名前:
メール:
件名:
本文:

へーちょー