リヴィエラを撃て (上)


※ ネタバレ有りますので、ご注意ください


《 リヴィエラを撃て・主要登場人物 》 (リヴィエラを撃て・文庫本/上巻より)

ジャック・モーガン ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 北アイルランド出身。 元IRAテロリスト

イアン・パトリック・モーガン ・・・・・・・・・・・・・・・・・ ジャックの父。 IRAのテロリスト

ウー・リーアン ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ジャックの恋人

ゲイル・シーモア ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ IRAベルファスト司令部参謀本部長

ジェームズ・オファーリー ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ロンドンに住むジャックの伯父

サー・ノーマン・シンクレア ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 世界的なピアニスト

ダーラム候エードリアン・ヘアフィールド ・・・・・・・ シンクレアの刎頸の友、兼マネージャー

レディ・アン・ヘアフィールド ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 中国名、恵安(フイアン)。 ダーラム侯爵夫人

キム・バーキン ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ MI 5 職員。 元警官

M.G ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ MI 5 職員。 キムの上司

ジョージ・F・モナガン ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スコットランド・ヤード警視監。 後、副総監

シドニー・ジェンキンズ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スコットランド・ヤードの刑事

ケリー・マッカン ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 別名 《 伝書鳩 》。 CIA 職員

サラ・ウォーカー ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ケリーの恋人。 CIA 職員

《 ギリアム 》 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ MI 6 職員

手島修三 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 警視庁外事一課、警視

手島時子 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 手島の妻

坂上達彦 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 手島の部下。 警部

*    *    *    *

『 リヴィエラを撃て 』 上巻、読み終えました。
いや~、やっぱり 『 リヴィエラを撃て 』 面白い!
手に汗握る展開で一気に読めてしまいます。
『 晴子情歌 』 や 『 新リア王 』 は、読み終わるのにやたら時間がかかって苦労したけど
『 リヴィエラを撃て 』 は、サクッと読めてしまいます。
やっぱり 『 リヴィエラ~ 』、好きだな~。
髙村薫の小説の中では 『 マークスの山 』 が一番好きだけど
その次にくるぐらい 『 リヴィエラ 』 は大好きな作品です。

とにかく、出てくる人物が皆ホント~にカッコいい!
特にあたしが一番好きなのは、キム・バーキン。
ちょっと 『 マークス 』 の森くんっぽいんだよね。
キム・バーキンの他にも、ジャック・モーガン、サー・ノーマン・シンクレア、ダーラム候エードリアン・ヘアフィールド
ケリー・マッカン等々、カッコいい男達が目白押しっす。
カッコいい男が多く出てくる髙村小説の中でも、イイ男率 No.1作品じゃないかな。

それにしても、これだけ多数の登場人物のひとりひとりの個性を超リアルに、しかもこれだけ魅力的に
書ける髙村薫って、やっぱ天才!!

『 リヴィエラ~ 』 は、十数年前に単行本で読んでいるんですけど、細かい部分はかなり忘れていて
今読み返してみても、かなり新鮮な感じで読めてます。
だいたい、話の主要人物である、謎の男・リヴィエラの正体が誰だったかが、上巻を読み終えた
今の時点でも、まったく思い出せません。
なんか、確か最後まで読んでも、リヴィエラの正体がうやむやで終わった様な気がするんですが・・・・・。
違ったかな?

『 リヴィエラ~ 』 は、とにかく登場人物が多いし、話が複雑に込み入ってる。
前回読んだ時は本当に頭が混乱したんだけど、今回はいくら忘れていると言っても2回目だし
かなり頭の中、整理しながら読めてます。

DSC01706.jpg


                                               web拍手 by FC2

実際、届いてみるとすごい量・・・


A○azonで買った 『 るろうに剣心 』 1~28巻、届きました。


DSC01699.jpg


早く読みたいけど、まずは今読みかけの 『 リヴィエラを撃て 』 を片付けないとイカンな~。
・・・・だけど、『 ~剣心 』 早く読みたい。
『 リヴィエラ~ 』 と、並行して読むか?
いや、そうすると頭がこんがらがりそうだ。
どうすっかな・・・・悩む。


しかし、連日、地獄の釜の底にいるような猛暑で本当に参った(泣)。
暑すぎて本読む気力も湧かなかった。
なので 『 リヴィエラ 』 も、全然進んでまへん。

でも、広島の土砂災害見てると、猛暑ぐらいで文句を言ってはいけない気がする。
連日のニュースに胸が痛みます。
行方不明の方たちが、早く見つかってくれることを祈ります。


                                               web拍手 by FC2

進撃の巨人・14巻

何だか、凄い展開・・・・

リヴァイ兵長の過去が、明らかに!!
・・・・・なるのか!?

DSC01689 (1)



こんなん、売ってた。
『巨人の足跡パン』

DSC01686.jpg


DSC01693.jpg
           ↑
一応、足の裏の形してるの分かりますか?
巨人の足なだけに、デカいよ~。

・・・あぁ、いっそのこと 「進撃の巨人・サイト」 にしてしまおうか(溜息)。


                                               web拍手 by FC2

進撃の巨人・13巻

『太陽を曳く馬』 をようやく読み終わったので、 『進撃の巨人・13巻』 がやっと読めました。
13巻、発売されたの4月9日やん!
もう、4ヶ月近くたってるやん!!
もう、8月8日に14巻、発売されてしまうやん!!!

『進撃~』、話がだんだん複雑になってきてる。
複雑になりすぎて、何が何だか分からなくなってきた。
謎が謎を呼び過ぎて、マンガなのにサクッと読めないんですけど・・・
なんか、ミステリー小説読んでいる様な感じ。
なんか、はじめの頃と話が相当変わってきてるような・・・・・・・・・・
『進撃~』 は、今後何処に行こうとしているのでしょうか?

ところで、帯に
「進撃の巨人展、開催決定! 2014年冬、上野の森美術館を巨人が全館ジャック!!」
って、あるんですけどー
行かなくっちゃ、絶対行かなくっちゃ!!

それと、実写映画、ロードショー決定。
主演・三浦春馬か・・・・・・う~ん、微妙だ(汗)。
『進撃の巨人』 実写化すること自体、微妙なんですけど。
あの、独特の世界観をどこまで表現出来るんでしょうか?
あと、気になるんは、三浦春馬の役柄は、エレン? リヴァイ?
それとも、原作にはないオリジナルキャラとか?
( リヴァイだったら、かなり違う気がする・・・正直、イヤだ

だいたい、マンガがまだ完結してないのにどういうラストにするのか?
映画用のオリジナルストーリーにするんかな?


DSC01679.jpg



さて、『進撃の巨人』 も読み終わったので図書館で 『新潮』 予約しました。
髙村薫の 『土の記・第5話』 連載されてるやつ。
あたし、最近気が付いたんですけどネットで繋げば、わざわざ図書館行かなくても
家のパソコンから本の貸し出しの予約出来るんですね~。
図書館のホームページにアクセスすれば、そこから予約が出来るようです。
知らなかった~。 めっちゃ、目から鱗っす。


                                               web拍手 by FC2

『 新リア王 』下巻・雑記


ネタバレ有ります。未読の方はご注意ください。

*   *   *   *   *   *

『 新リア王 』 やっと、読み終わりました~!

う~ん、難しかった~。
特に、政治の諸々の語り場面は、ホントしんどかったです。

しかし、日本の政治がどのように成り立っているのかが、おぼろげながらに理解できて勉強になりました。
理解できたのは、あくまで 「おぼろげに」 ですが。
やっぱり政治って、きれいごとばかりじゃ出来ないのねぇ。
汚い世界だと思いました。
色で例えたら、限りなく黒に近いグレー。
人間の欲望と、巨額のお金が渦巻いている世界なんですねぇ。
しかも、そこには決して表には出てこない黒い人脈が繋がっている。
そして、警察や検察も・・・・。
政治家が選挙の票の取引なんか裏でしてたら、あたしたちがわざわざ投票に行く意味があるんだろうか?
自分の投票したたったの一票なんて意味無いんじゃないか?
とか、思わず考えちゃいました。

やっぱりこういう世界は、あたしは好きになれないなぁ。
もはや、嫌悪感を感じる。
日本の政治の汚い構造に思いっきり失望しました。
(まぁ、政治が汚いのは世界共通なのかもしれないけど。もっと汚い国なんて山ほどありそうだけど)
だけど唯一の救いは、『 新リア王 』 に出てくる政治家(榮や優など)が、それぞれにそういった
政治の仕組みに失望感を抱いていて、少しでも変えていこうという意思を持っていることかな。

あとは、政治家だけではなく有権者側も結局は自分の利益ばかり考えていることにも失望した。
「 投票してやるからそのかわり、こっちにも何か見返りを寄こせ 」 みたいな。
皆、欲の塊。 もう人間って嫌だなぁ って思っちゃいました。
結局は、原発だって人間の強欲から出来たもののような気がするし。

とにかく、いろいろ考えさせられました。


『 新リア王 』、難しいし、とっつき難いお話ですけど、出てくる人物は皆、魅力的です。
すごくリアリティがあって、皆完全じゃなくどこか壊れた感じが人間臭くて魅力的。
福澤優もそうだし、貴弘も彰之も、そして秘書の竹岡も。
さすが髙村薫!! って思いました。
「 髙村薫って、魅力的な人間書くのが本当に上手い作家だなぁ 」 と、改めて思いました。
あっ、でも、福澤榮だけは好きになれなかった。
なんか、自分勝手な男だなって思った。
最後まで自分勝手だった。
さすがに、70過ぎた爺ちゃんには感情移入出来なかったなぁ。



・・・ 一応、おまけで、主な政官界の人物紹介を書いてみる。 ・・・


【 福澤榮を取り巻く政官界の人々 】

福澤 榮  自民党代議士(46年~), 自民党青森県連会長
福澤 優  自民党参議院議員(80~86年), 青森県知事(87年~)・・(福澤榮の長男)
福澤 肇  福澤建設社長, 福澤榮後援会連合会長 ・・(福澤榮の次男)
福澤百合  福澤榮後援会事務局長 ・・(福澤榮の姪)
福澤總一  福澤水産社長, 福澤榮後援会三八支部長 ・・(福澤榮の甥)
福澤貴弘  通産官僚 ・・(福澤榮の甥)
保田英世  資金管理担当私設秘書
竹岡 潔  選挙区担当私設秘書
熊谷洋三  政策担当公設第一秘書
戸田賢一  庶務担当公設第二秘書


DSC01564.jpg


『 晴子情歌 』 → 『 新リア王 』 と読んで、たまらなく 『 太陽を曳く馬 』 を、もう一度読みたくなりました。
今だったら、前とは違った視点で読めると思う。
近いうちに 『 太陽を曳く馬 』、再読しようと思います。


                                               web拍手 by FC2

『 新リア王 』上巻・雑記

『 新リア王 』上巻、読み終わりました。

ということで、物凄く大雑把な 『 新リア王 』上巻 を読み終えての雑記です。

※ ネタバレありますので未読の方はご注意下さい。


なんか、福澤家の登場人物が多すぎて、読んでいて 「 これ、誰だっけ? 」 って頭が混乱。
その度に本の冒頭部分にある福澤家の家系図(?)を見て確認しながら読んでました。
ここで、一旦自分へのおさらいの為、福澤家の相関図を書いてみる。


*   *   *   *   *   *   *


  ―― 87年 福澤家 ――  ( ● = 故人 )


 ・勝一郎● = ・キヨ●

       

【 勝一郎、キヨ の子供 】 ( 青字が実子 )
 ・初子 = ・敏郎(婿養子)●  
 ・榮 = ・睦子(嫁)
 ・啓二郎 = ・範子(嫁)
 ・和子 = ・徳三(婿養子)●
 ・淳三● = ・晴子(嫁)●

        

初子、敏郎の子供 】 ※ 諸々の事情により産みの母親は別の人
 ・弘子
 ・茜
 ・百合


、睦子の子供 】 
 ・優 = ・節子(嫁)
 ・肇 = ・美子(嫁)
 ・綾子 = ・義郎(婿養子)
 ・貴子 = ・晴彦(婿養子)


啓二郎、範子の子供 】 
 ・智久
 ・公子
 ・光久


和子、徳三の子供 】 
 ・總一
 ・貴弘
 ・喜代子 = ・保田英世(婿養子)●
 ・遙


淳三晴子の子供 】 
 ・美奈子
 ・彰之  ※ 諸々の事情により本当の父親は榮


・彰之 = ・杉田初江
     ↓
      秋道


*   *   *   *   *   *   *



『 新リア王 』 は、父と子の対話形式で話が進んでいくんですけど、父とは(上記相関図の)榮。
子は、彰之。
代議士の父は政治を語り、僧侶の息子は仏道を語る。
・・・・んですけど、この政治と仏教の話が分かりづらい。
おバカなあたしには難しい(汗)。

『 新リア王 』 についての感想は、下巻を読み終わってから詳しく書こうと思うので
今回は、『 晴子情歌 』、『 新リア王 』、『 太陽を曳く馬 』 の3部作について軽くおさらいしてみよう。

『 晴子情歌 』 は、母から子への手紙形式で話が進んでゆく。
子は、もちろん彰之。
母は晴子。

で、『 新リア王 』 は、父と子。
この父と言うのが、淳三ではなく榮というのが複雑なんですが。
( 弟の嫁に手を出す男って・・・・・ )

で、3部作のラストが 『 太陽を曳く馬 』。
これに出てくるのが、彰之の子、秋道。

『 新リア王 』 難しいけど、福澤家の人間たちが個性的でなかなかひとりひとりが魅力的。
萌えは無いけどね。
エリート一家なんだけど、それぞれが複雑な立場にいて、いい具合に捻くれていて人間臭くて魅力的。
でも、萌えは全然無いけどね。

やっぱり、髙村薫の小説に登場する人間ってみんな魅力的だな~。
ひとりひとりが、凄くリアルで魅力的。
髙村薫って、人間描くのが上手いな~、と改めて感じました。

あと、髙村センセーの知識量が半端ない。
この知識量の多さは、絶対事前にすご~い念入りに取材しているよね。
前に、何かのインタビューで髙村センセー 「 小説書く前に取材しない 」 って言っていたような記憶があるんだけど
絶対、取材してるよ~。
逆に、これで取材とかしてなかったら怖いわ


『 新リア王 』 すごく良い小説だと思うんですけど・・・・
だけど、やっぱり萌えが欲しい~。
合田シリーズのような萌えが~~~~~~~!!!!!


DSC01541.jpg


                                               web拍手 by FC2

総司 炎の如く


文藝春秋から発行されている、秋山香乃 著 『 総司 炎の如く 』(文春文庫)

DSC01521.jpg


知り合いに薦められて読んだのですが、すっごく良かったです。
あたしが今までに読んだ本の中で、5本の指に入るかもってくらい良かった。

新選組・沖田総司を中心に話は進み、新選組の試衛館時代から沖田総司の死までが書かれています。
同志の芹沢鴨の暗殺、池田屋事件、油小路事件など、歴史に忠実に書かれてあり目新しさはありませんが
著者が女性であるためか、新選組の面々がとても繊細に描かれています。

芹沢鴨の最期、山南敬助の切腹、土方歳三の孤独・・・等々、お涙場面は山ほどあるのですが、何と言っても
ラストの沖田総司の最期は、本当に切なくて涙無しには読めませんでした

新選組好き、特に沖田総司好きには堪らない本です。
新選組スキーな方には(特に女子)、絶対にお勧めしたい一冊です!!

だけど、お外では読まない方が良いかも。
だって、ホント泣けます。 切ないっす。
人目を憚らず泣いちゃう可能性あるから。。。。

芹沢鴨、山南敬助、土方歳三、近藤勇、沖田総司、そして、その他の新選組隊士達が切なくて儚くてホント泣けます(涙)。


                                               web拍手 by FC2

『東京クルージング』 マンガ化の巻・3 (最終回)


お遊び企画、第3弾!!

これで、お終いです。


*   *   *   *   *   *   *

《 拍手コメント、お返事 の記事に頂いた、拍手コメへのお返事 》

拍手コメントに対するお返事にお返事頂きまして(ややこしい・・・汗)、ありがとうございます
挨拶なんていいんですよ~。
お気軽にお声をお掛け下さい。 
記事に対するメッセージは励みにもなるし、とっても嬉しいです (#^.^#)
『 照柿・マンガ 』 も、見ていただいたんですね~。 ありがとうございま~す
『 照柿・マンガ 』 に比べたら断然 『 東クル・マンガ 』 の方が良くないですか?
さて、今回、第3弾もUPしたので、ご迷惑でなければ(笑)、ご覧下さい。
こんな、くだらないことばっかりやっているサイトですが、また気が向いたら遊びに来てくださいませ (^^♪


*   *   *   *   *   *   *


それでは、興味のある方はポチっと、どうぞ。

続きを読む

                                               web拍手 by FC2

『東京クルージング』 マンガ化の巻・2


お遊び企画 第2弾!!

記事畳んでますので、興味のある方はポチッと、どうぞ。

続きを読む

                                               web拍手 by FC2

『東京クルージング』 マンガ化の巻・1

2004年に宝島社から発刊された 『 髙村薫の本 』 という本を、皆さんご存知ですか?
この本の中に、あの幻の作品である七係シリーズの 『 東京クルージング 』 を漫画化した作品が収録されているのです。
まぁ、高村ファンである皆さんの中には知っている方も多いと思いますが。

以前 『 照柿 』 を漫画化したものをこのブログにもUPしましたが、今回は、この 『 東京クルージング 』 をちょっと
記事にしてみようかな~、なんて思っちゃったりして。
著作権問題とかに引っかかったりしないか心配だったりするんですけど、もう10年ぐらい前に発刊せれたものだし、
見たことないから、どんなだか興味があるという高村ファンの方の為にも、一部をUPします。

っていうか、この 『 髙村薫の本 』 に収録されている 『 東京クルージング 』 のお蘭ちゃんの絵がとっても気に入っているので、あたしの自己満の為に載せたいっていうのが本音なんですけど・・・・(汗)。

とりあえず、漫画 『 照柿 』 と比べてみるのも楽しいかもです。

ちなみにこの漫画を描いているのは、浅羽ナナコ さんという方です。


DSC01399_convert_20140126143048.jpg     DSC01351.jpg



一応、中身は畳んでおきますので興味のある方はどうぞ。

続きを読む

                                               web拍手 by FC2
プロフィール

YUKI

Author:YUKI
高村薫小説、大好き!!
『晴子情歌』で挫折し、暫く高村小説からは遠ざかっていましたが、最近やっと『太陽を曳く馬』『冷血』『晴子情歌』『新リア王』(読了順)を読了。
これでたぶん、単行本化された髙村小説すべて制覇したと思います。
合田シリーズに登場する過去の人、
森くんをこよなく愛す、おバカです。

2012.5.4 ブログ開設
2013.1.1 ウェブサイト開設

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
お知らせ
カテゴリの『読書感想記』『プチ地取り』はウェブサイトからも観れます。 リンクの【DAYDREAM/yuki・ウェブサイト】から、どうぞ。  ※なお、内容はブログにアップされているモノと同一ですのでご了承ください。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

めーる(お気軽にどうぞ)
ご意見、苦情、なんでも受けたまわります。でも、あんまり凹むのはヤメテネ。

名前:
メール:
件名:
本文:

へーちょー